日本屈指の大劇場“日劇”のフィナーレを飾る上映イベントに、思い出の名作が大集合!

日本屈指の大劇場“日劇”のフィナーレを飾る上映イベントに、思い出の名作が大集合!

「さよなら日劇ラストショウ」の開催が決定

2018年2月4日(日)をもって閉館となる、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇。3月29日(木)にTOHOシネマズ日比谷がオープンすることに伴い、85年にわたり多くの映画ファンから愛されてきた日本屈指の大劇場が、その幕を下ろすこととなったのだ。そしてこのたび、同劇場で閉館までの9日間、1月27日(土)から2月4日(日)にかけて、映画史を飾った作品を選りすぐった特別上映会「さよなら日劇ラストショウ」の開催が発表された。

1933年に「日本劇場」としてオープンした同劇場は、2000席を超える座席を擁する大劇場として、第二次大戦を乗り越えながら、日本の映画興行のシンボルとして君臨。1954年には『ゴジラ』、1978年には『スター・ウォーズ』など、数多の名作・大作が上映されてきた。

1981年に建物の老朽化と再開発に伴い閉館し、1984年に現在の有楽町センタービル(通称:有楽町マリオン)に「日本劇場」に加え「日劇東宝」と「日劇プラザ」の計3スクリーンで再オープン。その後も改装や改称を重ね、2006年からは現在の「TOHOシネマズ日劇」として、シネマコンプレックスの普及に伴い数少なくなった大劇場の系譜を守り続けてきたのである。

今回の「さよなら日劇ラストショウ」で上映されるのは、そんな85年間の歴史を彩ってきた名作ばかり。まず日本映画からは、東宝が世界に誇る「ゴジラ」シリーズをはじめ、黒澤明監督の『七人の侍』(54)や『赤ひげ』(65)、映画の黄金期を築き上げた成瀬巳喜男監督の『浮雲』(55)から、伊丹十三監督の『マルサの女』(87)、90年代に大ブームとなった周防正行監督の『Shall we ダンス?』(96)、そして『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)まで、あらゆる時代を象徴する作品がラインナップ。

また洋画からは、現在公開中の最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17)を筆頭に、今なお愛され続けている「ターミネーター」シリーズや、歴史的大ヒットを記録した『タイタニック』(97)など。しかも「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、最近では珍しくなったオールナイト上映でシリーズ3作が一挙に上映される予定だ。

さらに、昨年大ヒットを記録した『君の名は。』(16)をはじめとしたアニメ作品も充実のラインナップ。『アナと雪の女王』(13)や、日劇プラザ時代に日本初のデジタル上映が行われた「トイ・ストーリー」シリーズといったディズニー作品から、スタジオジブリ作品の代表作『となりのトトロ』(88)や『もののけ姫』(97)といった、あらゆる世代の思い出が詰まった作品が目白押し。

詳しい上映作品とスケジュールについては、1月16日(火)にTOHOシネマズ日劇のホームページにて発表される予定だ。この機会に、大劇場の迫力満点のスクリーンで、大勢の観客たちに囲まれながら楽しむという映画の原体験を、思う存分味わってみてはいかがだろうか。(Movie Walker・文/久保田和馬)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)