カン・ドンウォン、イ・ビョンホンら韓流スター、ハリウッド大作へ続々!

カン・ドンウォン、イ・ビョンホンら韓流スター、ハリウッド大作へ続々!

韓流スターのハリウッド進出が加速

韓国人俳優カン・ドンウォン(36)がハリウッド映画『Tsunami LA(原題)』に出演することが決まったと米バラエティ誌が報じた。

『Tsunami LA(原題)』は巨大な津波がカリフォルニア州ロサンゼルスを襲うというパニック映画で、予算5500万ドル(日本円にしておよそ62億円)で製作される中々の大作になる予定だ。

監督は『コン・エアー』(97)や『トゥームレイダー』(01)を手がけたサイモン・ウェストが務め、現在イギリスで製作が進行中とのこと。撮影は来年3月にイギリスとメキシコで開始され、公開は2019年を予定している。

サイモン・ウェスト監督は「彼のような才能のある俳優を、この映画を通して世界に紹介できる事は光栄です」とコメント。本作はロサンゼルスの人種の多様性を反映し、韓国人のカン・ドンウォンのみならず、アメリカ、ヨーロッパ、中国やブラジルの俳優の起用も予定しているそうだ。

カン・ドンウォンは「台本を見せてもらい、とても面白いと思ったんだ。それに僕の世代は監督の『コン・エアー』に親しみがあるしね。世界的デビュー作としてハリウッド映画の主役を獲得できたのは稀なことだよ!」と語った。

ハリウッドではイ・ビョンホンが『G.I.ジョー』(09)や『REDリターンズ』(13)などの大作に出演し、Rainこと歌手のピが『スピード・レーサー』(08)や『ニンジャ・アサシン』(09)に出演するなど、韓国人スターが次々に映画界に進出。

カン・ドンウォンも「ハリウッドで良い結果を残せれば、今後韓国映画の製作費を増加させる事に貢献できる」と語り、自身の活動で韓国の映画界をより良い方向に導いていきたいと言う意志をみせた。(Movie Walker・LA在住/小池かおる)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)