「ガルパン」初の原画展は、貴重な展示ばかりで“ヒャッホー!最高だぜぇぇぇぇ!!”

「ガルパン」初の原画展は、貴重な展示ばかりで“ヒャッホー!最高だぜぇぇぇぇ!!”

ミリタリー好きな秋山優花里が憧れの戦車に乗った際の絶叫などを原画と共に掲示。吹き出しは各校毎でデザインが異なるなど細部にもこだわりが見受けられる

『最終章 第1話』が大ヒット劇場上映中の「ガールズ&パンツァー」。12月23日(祝)〜31日(日)に池袋サンシャインシティにて、TVシリーズからOVA、劇場版、そして最新作まで網羅した初の原画展「ガールズ&パンツァー博覧会」が開催。22日にはプレス向け内覧会が行われた。

■ 吹き出し&学園カラーも楽しい展示の数々

原画展は、主人公・西住みほ(声:渕上舞)が通う大洗女子学園のコーナーに始まり、聖グロリアーナ女学院、サンダース大学付属高校と続き、TVシリーズからの制作順に沿う流れで各校との激戦・交流を描いた原画を一覧できる。

エピソード毎の展示とあわせて「ヒャッホー!最高だぜぇぇぇぇ!!」「やっと見つけたよ。私の戦車道」といった彼女たちの印象的なセリフが漫画の吹き出し風に飾られ、名シーンの数々がリアルに甦る。

この他にも大洗女子学園の制服展示、戦車に乗り込んで記念撮影しているように見えるトリック記念撮影コーナーなどもお楽しみ。繊細な原画をじっくりと堪能しながら「ガルパン」がどう描かれていったのか?を思いっきり見て心ときめかすことができるはず。

■ 戦車戦ジオラマ、お土産コーナー、カフェも充実

原画展示のほか、プロモデラー・山田卓司氏による、実物未公開作品を含む劇中シーンを再現したジオラマも展示。雪原で行われた対プラウダ高校戦や巨大なカール自走臼砲が登場した大学選抜との試合など、その精巧&繊細な出来栄えには思わず釘付けになってしまう。

展示会場を抜けるとそのまま物販コーナーへ。イベント限定アイテムも目白押しなので、予算という名の砲弾をしっかり装填して来場のほど。また「ガルパン」の世界観を文字通り味わえる「ガルパン博覧会カフェ」も併設。「優花里特製ミルクセーキ」「勝手に割れない聖グロリアーナ特製スコーン」といったファン心をくすぐるメニューも堪能できる。

クリスマスから大晦日と冬休みシーズンに突入した人も多いと思われるこの季節、映画のリピート鑑賞、12月29日(金)〜31日(日)開催のコミックマーケットなどとあわせて、17年の締めくくりに「ガルパン」の世界を大いに満喫してみては?(Movie Walker・取材・文/トライワークス)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)