セクシータレントのコートニー・ストッデン、不安や鬱との闘いを告白

セクシータレントのコートニー・ストッデン、不安や鬱との闘いを告白

セクシータレントのコートニー・ストッデン

16歳の時に35歳年上の俳優と結婚し、スキャンダラスな私生活で有名になったコートニー・ストッデン(23)。リアリティTVへの出演やインスタグラムへのエロティックな自撮り投稿など、セクシー・タレントとしての活動で知られている。おバカキャラのコートニーだが、先週インスタグラムに深刻な投稿があり、心配の声が上がっている。

インスタ写真に添えられた本人のコメントには「私は敏感すぎ。自分からも他人からも、エネルギーを取り込みすぎ。そして深く愛しすぎ。ひどく不安。純真すぎて隙だらけで」「これが私。これが私の鬱との闘い。だけど打ち勝てると信じてる。もしあなたが不安や鬱に苦しんでいたら、一人じゃないって気づいてね」とつづられている。

また、ツイッターにも「孤独に絶えずさいなまされるって惨めね。誰かに抱きしめてもらうしかないの。私のことを深く愛してくれる誰かに…そうでなきゃ意味が無いわ」と、意味深な投稿がされている。

2013年に夫と別れるも翌年にはよりを戻し、2016年には妊娠を報告したコートニー。だが喜びもつかの間で、初期段階で流産となってしまった。そして今年初めには、またも夫婦関係を解消したと伝えらえている。

コートニーは夫と実母からの裏切りにあったことも有名で、信頼できる家族に恵まれていない印象だ。憧れのマリリン・モンローに似せようと豊胸と整形手術を重ね、自撮りとモンローの写真でインスタを埋め続ける様子は痛々しくもある。

ネットユーザーたちからは「SNSから離れた方がいい」というコメントや、周囲の大人たちのせいで健全な自己愛を育めなかったコートニーへの同情的な意見が圧倒的だ。「あなたは一人じゃない」と書いたコートニーだが、彼女にも同じ言葉をかけてくれる人間が近くにいることを願いたい。(Movie Walker・UK在住/シャオ)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)