文豪たちがヨコハマを舞台に異能力バトル!話題沸騰の「文豪ストレイドッグス」に注目

文豪たちがヨコハマを舞台に異能力バトル!話題沸騰の「文豪ストレイドッグス」に注目

大ヒットアニメが待望の映画化!

中島敦、太宰治、芥川龍之介など文豪の名を冠したキャラクターたちが、著作にちなんだ能力でバトルを繰り広げる異色のバトルアクション「文豪ストレイドッグス」。

KADOKAWA「ヤングエース」にて2013年より連載中の朝霧カフカ(原作)、春河35(漫画)による原作コミックはシリーズ累計500万部を突破する大ヒットとなり、2016年にはテレビアニメが2クールにわたり放送されて好評を博した。

文豪ゆかりの地や文学館との様々なコラボレーション企画、ソーシャルゲーム化や舞台化など幅広いメディア展開が続く“文スト”が原作者全面協力による完全新作ストーリーでアニメ映画化、『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』と題して2018年3月3日(土)に公開される。

ヨコハマの裏社会を舞台に多くの犠牲者を出した「龍頭抗争」から6年後。異能力者が自らの力を用いて命を断つという事件が世界各国で発生し、500人を越える死者を生んでいた。内務省異能特務課は「異能力者連続自殺事件」と命名し、中島と太宰が所属する武装探偵社に対し、関与が疑われる異能力者・澁澤龍彦の確保を依頼する。

しかし時を同じくして太宰が消息を絶ち、異能力者たちにはかつてない強敵が次々と襲い掛かりはじめる。敦は澁澤の居城へ走るが、そこに現れたポートマフィアの構成員・芥川から思いもよらぬ真実を告げられ…。

11月2日にテレビアニメのオールナイト上映会と合わせて行われた映画新情報発表会には主人公の中島敦を演じる上村祐翔が登壇、2016年の春・秋に放送されたアニメを振り返ると共に『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』の新情報を次々と解禁、イベント終盤にサプライズで予告映像が公開されると大きな歓声が上がっていた。

新年1月6日(土)には、描き下ろし缶バッジ付きの劇場前売券第3弾と描き下ろし特製ポストカードが付属するペア券の発売が開始される予定となっており、2018年3月の映画公開に向けますます加速する“文スト”ワールドから目が離せない!(Movie Walker・文/編集部)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)