両親から愛のメッセージ!ニコール・キッドマンの末娘、7歳のバースデーをお祝い

両親から愛のメッセージ!ニコール・キッドマンの末娘、7歳のバースデーをお祝い

愛娘が誕生日を迎えたニコール・キッドマン

12月27日、ニコール・キッドマンの末娘フェイス・マーガレットが、7歳の誕生日を迎えた。ニコールは自身のフェイスブックに「7」の数字をかたどったランプの写真を投稿。背景の窓からはオーストラリアのシドニー湾とハーバー・ブリッジが一望できる。写真に添えられたメッセージには「7歳のお誕生日おめでとう。穏やかで優しくて愛情たっぷりで、私たちにいーーっぱいの喜びを与えてくれる可愛い子。あなたの両親になれて幸せよ」と書かれている。

カントリー歌手の夫、キース・アーバンも全く同じ写真をインスタグラムに投稿。「お誕生日おめでとう、フェーフ。ウィ・ラーーーーブ・ユー!ママとパパより」と、こちらも微笑ましいキャプションを付けている。文中の“フェーフ(FEEF)”は娘の名前“フェイス(FAITH)”のこと。幼い子供はTHの発音が上手くできずにFで代用することが多いので、おそらくフェイスちゃんは自分の名前を“フェーフ”と発音しているのだろう。

ニコールは、前夫トム・クルーズと婚姻中の1992年に女児イザベルを、1995年に男児コナーを養子として引き取ったが、2001年に離婚。養子たちはトムの影響でサイエントロジーに入信しており、ニコールとの親子関係はスムーズではなかったようだ。ニコールは子供たちから「ママ」と呼んでもらえなかったことを吐露している。

しかし幸いなことに、現在の夫キースとの間に授かった2人の娘とは、幸せな母娘関係を築いているらしい。末っ子のフェイスは代理出産で誕生したことで有名だが、遺伝子的には夫妻の実子。長女のサンデー・ローズと同様、ニコールにそっくりな顔立ちで注目を集めている。キースとの夫婦仲も良好で、ニコールの家庭生活は順風満帆のようだ。(Movie Walker・UK在住/シャオ)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)