黒一色のGG賞、39人の衣装が競売に!最高値が付いたセレブは?

黒一色のGG賞、39人の衣装が競売に!最高値が付いたセレブは?

黒いドレスが会場を埋め尽くした、今年のGG賞

現地時間の1月7日に開催された第75回ゴールデン・グローブ賞は、セレブの衣装が黒一色で彩られたことが話題になった。

ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題を機に業界関係者たちによって立ち上げられたセクハラや性差別などの撲滅運動「Time's Up」への支持を表明するため、男女問わず黒い衣装を身にまとっていたが、参加者のうちの39人の衣装が、出版社コンデナスト・パブリケーションズのとの協賛で、eBayのネットオークションにかけられている。

東海岸時間の1月19日正午から26日までの一週間開催されるオークションは、最も安いもので最低落札価格25ドル(約2700円)からスタート。24日時点で買い手がついていないドレスもある一方で、最も入札数が多かったのが、なんとワースト・ドレッサーと言われたメリル・ストリープのヴェラ・ウォンのドレス。富裕層が入札している可能性が高く、入札数は12件で4750ドル(約51万8000円)の値がついている。

次に多かったのはダコタ・ジョンソンのグッチのドレスで、11件の入札で3152ドル(約34万3800円)。マーゴット・ロビーのグッチのドレスは入札数が9件で3050ドル(約33万2700円)、エマ・ストーンとアリシア・ヴィキャンデルのルイ・ヴィトンのドレスは、それぞれ8件で3050ドル(約33万2700円)と2850ドル(約31万円)となっている。男性陣の出品は4人だけだが、ヒュー・ジャックマンのブリオーニのタキシードの入札が最多の4件で3150ドル(約34万3600円)となっている。

なかには入札のないセレブもいるが、驚いたことにベスト・ドレッサーと言われたニコール・キッドマンのジバンシィのドレスは入札ゼロ。1万ドル(約109万円)という価格設定が高すぎたのか、現在は7500ドル(約81万8000円)に引き下げられているが、それでも現在のところ入札がない。また、最高値の2万ドル(約218万1700円)で設定されているカトリーナ・バルフのシャネルのオートクチュールドレスも入札されていない。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)