稲垣吾郎「草なぎ剛には負けない!」園子温組が太田光組に茶目っ気たっぷり宣戦布告

稲垣吾郎「草なぎ剛には負けない!」園子温組が太田光組に茶目っ気たっぷり宣戦布告

カラフル&ゴージャスな衣装に会場もびっくり!

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らが出演する4つの短編で構成されたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)。稲垣が主演する『ピアニストを撃つな!』がクランクインを迎え、都内で行われた囲み会見に稲垣をはじめ、浅野忠信、満島真之介、馬場ふみか、園子温監督が出席。園監督が「太田光には負けない」と同じくオムニバス映画の監督を務める太田監督に挑戦状を叩きつけると、稲垣も「草なぎ剛には負けない!」と宣戦布告して会場を盛り上げた。

本作は、全力で走る女・フジコ(馬場)、フジコを追う不気味なマスクをした極悪人“マッドドッグ”(浅野)、彼らと出会いを果たす天才ピアニストのゴロー(稲垣)らが繰り広げる物語。キャスト陣はカラフルでゴージャスな衣装に身を包んで登場し、会場をどよめかせた。

園監督は「ものすごくいいバイブレーションで進んでいる」と報告。稲垣がホストを務めるバラエティ番組「ゴロウ・デラックス」に出演したことのある園監督だが、映画でのタッグは初めて。「従来のゴローちゃんのイメージを尊重しつつ、ちょっと際どいものもある。初っ端からシャワーシーンもある。いろいろな挑戦をしたい」と新たな稲垣を引き出したいという。

稲垣は「ずっと映画を拝見させていただいていましたが、園監督の世界観に自分がいるというのが夢みたい」と鬼才とのタッグに感激しきり。「いままでの僕のパブリックイメージを超えた挑戦になる。自分であって、まだ知らない自分」と自身と同じ名前であるゴロー役に意欲を見せ、「ピアノや真っ赤なバラなど僕の好きなものに囲まれていて、すごく癒される。園監督の現場は急に本番が始まったりと、いままで演出していただいた監督とリズムが違う。そのリズムが気持ちいい。すごく新鮮」と園組ならではの疾走感を楽しんでいるようだ。

また、オムニバス映画の一編で草なぎが主演する『光へ、航る』でメガホンをとる太田監督はかつて、「園子温には負けない」と語っており、園監督はそれを受けて「太田監督が僕に挑戦状を叩きつけた」と切り出す一幕も。「絶対に負けていられるかという気持ち」と闘志を燃やして会場の笑いを誘った。

「お互いにバチバチなんで」と続けた園監督だが、「実は太田監督を強く推薦したのは僕。本気で言っていないです(笑)」と実際の関係は良好な様子。「とにかくおもしろいものにしたい。太田には負けねえぞ」とサービスたっぷりに語ると、稲垣も「監督がこうおっしゃっているので、やっぱり太田組には負けられない。草なぎには負けないぞ。香取(慎吾)くんとは友好関係を結ぶ」と乗っかり、会場を笑わせていた。

満島は「いままでにないような、映画界の新たな歴史となるような作品でワクワクしている。みんなが挑戦しているところに加担していきたい。新しいことをしてくれる先輩たちがいてくれて、ついていかないとという気持ち」と今回の企画に胸を踊らせる。稲垣は「ありがとうございます」と満島の頼もしい言葉に感謝し、「“新しい地図”として初めての作品。みなさんが賛同してくださってうれしい。記念すべき第1弾として、素晴らしい作品に仕上げたい。応援してくださる方にもメモリアル的なもの、忘れられないような作品にできたら」と熱を込めていた。

映画『クソ野郎と美しき世界』は、4本の短編から構成されるオムニバス映画。草なぎの『光へ、航る』は爆笑問題の太田光、香取の『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』は山内ケンジ、"クソ野郎☆ALL STARS"が出演する『新しい詩』は児玉裕一が監督&脚本を務める。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)