日本映画に"新しい波"を起こす!葉山奨之、川栄李奈、岡田磨里が「ゆうばり」ニューウェーブアワードを受賞

日本映画に"新しい波"を起こす!葉山奨之、川栄李奈、岡田磨里が「ゆうばり」ニューウェーブアワードを受賞

いまをときめく3人が「ゆうばり」オープニングセレモニーに登壇!

いよいよ3月15日(木)に開催が迫った「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」(〜3月19日まで開催)。毎年恒例となった「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」において、俳優の葉山奨之、女優の川栄李奈、監督・脚本家の岡田磨里の3名の受賞が決定した。同賞は輝かしい活躍を見せる俳優やクリエイターに対し「新しい波を起こして欲しい」という気持ちを込めて表彰するものとして設立され、今年で5回目の開催を迎える。

男優部門の受賞者・葉山奨之はテレビドラマ「鈴木先生」で俳優デビュー後、連続テレビ小説「まれ」に出演するなど若手注目株の1人として活躍していることから本賞が贈られることとなった。葉山は「歴史ある“ゆうばり映画祭”でニューウェーブアワードを頂けたことが本当に嬉しいです」と感激し「賞の名に恥じないよう作品に取り組み、未来に向けてさらに頑張っていきます。ありがとうございました!」と決意を新たにした。

女優部門の受賞者・川栄李奈は、AKB48のオーディションに合格し、2010年に芸能界デビュー。グループ卒業後は連続テレビ小説「とと姉ちゃん」を始め『デスノート Light up the NEW world』『亜人』など話題作にも次々と出演し、さらに2017年8月のCM好感度ランキングでは1位を獲得。演技力で多くの観客を魅了させる川栄の更なる活躍を期待し、本賞受賞が決定した。川栄は「このような賞をいただくことができてとても光栄です」と喜びのコメントを寄せ「これからもたくさんの作品に関わることができたらと思っております。ニューウェーブを起こせるよう精進してまいりますので見守っていただけたら嬉しいです!」と意気込む。

クリエイター部門の受賞者・岡田磨里は、脚本家としてデビュー後、人間関係を繊細に描写した作品に評価の高いものが多く、企画原作からノベライズまでを手がけた「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」で人気を不動のものにした。本作の聖地巡礼が地域の経済効果を生み出し、舞台となった秩父は“アニメの聖地”と呼ばれるまでになった。国内外で高い評価を受けている貴重なクリエイターとして選出された岡田は「新しいものが生まれる熱気に満ちた“ゆうばり”という場所で、このような賞をいただだけること、嬉しく思っています。前のめりになれる糧をいただき、ありがとうございました」と喜びを語った。

「ニューウェーブアワード」は、これまで俳優部門に東出昌大や勝地涼、女優部門に松岡茉優や杉咲花といった今をときめく面々がそろい、クリエイター部門でも宮藤官九郎や土井裕泰らヒットメーカーが受賞。同賞をきっかけにブレイクを果たすケースも珍しくなく、若手もベテランも新たな魅力を見出される貴重な機会として、業界内外から熱い注目を集めている。

なお今年の受賞者3名は、3月15日(木)の映画祭オープニングセレモニー内で行われる表彰式に参加することが決定。当日、本人たちから直接語られる喜びの声に期待したい。(Movie Walker・文/編集部)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)