山田洋次監督「家族はつらいよ」第3弾の予告がお目見え!今度は“家族のラブストーリー”に

山田洋次監督「家族はつらいよ」第3弾の予告がお目見え!今度は“家族のラブストーリー”に

『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』から予告映像が到着!

日本映画界を代表する巨匠・山田洋次が国民的映画「男はつらいよ」シリーズから20年を経て発表した待望の喜劇映画「家族はつらいよ」シリーズの第3弾『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』が5月25日(金)から公開。このたび本作の予告編映像が完成した。

熟年離婚をテーマにした第1作、無縁社会をテーマにした第2作につづく今回は“主婦への讃歌”をテーマに、三世代が同居する平田家の家事をひとりで背負ってきた史枝(夏川結衣)の家出をきっかけに巻き起こる大騒動と家族崩壊の危機をユーモラスに描き出していく。

このたび解禁された予告編では、家族のために片時も休まず家事に励む史枝の姿が収められており、そんな彼女の家出によって義父・周造(橋爪功)は初めての家事に悪戦苦闘。そしてまたしても緊急招集で家族会議が開かれることに加え、シリーズ史上最大のピンチが訪れる…。果たして平田家は一世一代の大ピンチを乗り切ることができるのだろうか。

また、予告編とあわせて表情豊かな一家の面々が一枚の葉をかたどった中に集合したポスタービジュアルと、コミカルな会話が今にも聞こえてきそうな場面写真もあわせて解禁。

今回シリーズのメインタイトルである「家族はつらいよ」がサブタイトルにまわり、代わってメインタイトルとなった「妻よ薔薇のように」という言葉には“妻よ薔薇のように美しく”という山田監督のメッセージが込められているとのこと。

家事労働の大変さや夫婦の間で起こるさまざまな出来事、そして家族のあり方に心打たれること間違いなし。思う存分笑って泣いて、少ししみじみとして、日本映画を観る楽しみをいま一度映画館で味わってほしい。(Movie Walker・文/久保田 和馬)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)