Mr.Childrenの「HERO」MVにも起用!村田朋泰のパペットアニメーションの世界に酔いしれる!

Mr.Childrenの「HERO」MVにも起用!村田朋泰のパペットアニメーションの世界に酔いしれる!

思い出の地を訪れる男の姿を描いた『白の路』

セリフは一切ないにも関わらず、人形の目線や仕草で心情が強く伝わってくる!国内外で高く評価されている映像作家・村田朋泰によるパペット・アニメーションには、そう思わずにいられない。彼の創作の中から厳選した7作品が『村田朋泰特集―夢の記憶装置』として、本日3月17日より全国各地の映画館で特集上映される。主な作品から、その独特の世界観を探ってみよう。

■ ミスチル「HERO」のMVで有名な『白の路』

Mr.Childrenの楽曲「HERO」のMVに用いられた『白の路』は、男が雪で覆われた思い出の地を訪れ、少年のころの記憶とせつない痛みを辿る叙情的な作品。村田作品の特徴である大きなボールアイ(球状の眼)を持つ人形たちは、光の陰影を魅せるライティングや移ろう風景を織り込んだ巧みな演出で、人形とは思えない豊かな感情と佇まいを表現する。

■ 『あの花』主題歌MVに起用『木ノ花ノ咲クヤ森』

『木ノ花ノ咲クヤ森』は、ファンタジックな異世界で、記憶を失ったウルフが過去を消そうとするハンターに追われる逃走劇。アニメーション映画『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(13)の主題歌であるGalileo Galileiの「サークルゲーム」のMVに起用された作品で、2011年の震災を機に「祈り、信仰、記録」をコンセプトに作られた“生と死にまつわる記憶の旅”の第1作目だ。

CGは用いずアナログで作られたミニチュアセットは驚異的な細かさで、すべてのシーンで、画面の隅々までこだわった繊細な造形が凝縮している。内容の濃さと奥深さもさることながら、奇想天外な映像の美しさはまさに芸術だ。

■ 最新作『松が枝を結び』を初公開!

震災以降に着想し、10年間かけて制作を構想した“生と死にまつわる記憶の旅”のシリーズの最新作となるのが、『松が枝を結び』だ。震災で引き裂かれた双子の姉妹が、過去と現実を行き来する不思議な物語。手作り感のある津波のシーンは一度観たら忘れられない衝撃的な印象を残す。

イマジネーション豊かな世界観と、哀しみと温かみが共存する究極のパペット・ワンダーランドの数々。そのあふれる情感と映像美を、ぜひ劇場のスクリーンで体験しよう。(Movie Walker・文/トライワークス)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)