[ALEXANDROS] の新曲が『BLEACH』と共鳴!ド迫力の実写版予告編を見逃すな

[ALEXANDROS] の新曲が『BLEACH』と共鳴!ド迫力の実写版予告編を見逃すな

完全実写化された『BLEACH』に[ALEXANDROS] のロックが鳴り響く!

「週刊少年ジャンプ」で2001年から2016年まで連載され、圧倒的な支持を集めたコミック「BLEACH」。全74巻の世界累計発行部数が1億2000万部に達した人気作がついに今夏実写映画化される。このたび、壮絶なアクションと迫力のCG映像、そして人間と死神が心を通わせるドラマを盛り込んだ最新予告映像がついに完成した。

本作の主人公である霊が見える高校生・黒崎一護は、ある日突然現れた死神と名乗る少女・朽木ルキアから死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために人間の魂を喰らう虚(ホロウ)という悪霊たちと戦うこととなる。公開された予告編では、一護役の福士蒼汰が魅せるアクションシーンに加え、死神界の掟を破ったルキアを追う死神の阿散井恋次役の早乙女太一が凄まじい剣技を披露。さらに、ルキアの兄でとてつもない力を秘めた死神・白哉を演じるのは、世界を舞台に活躍するギタリストのMIYAVIだ。

また、人気バンドの[ALEXANDROS]が主題歌「Mosquito Bite」(今夏リリース予定)と挿入歌「MILK」の2曲を提供。楽曲について福士は「主題歌のお話を聞き、普段から[ALEXANDROS]さんの曲を聴いていたので、とてもうれしかったです。実際に完成した曲を聴かせていただいて、映画の雰囲気にピッタリの迫力と勢いを感じました!」と絶賛する。

[ALEXANDROS]の川上は「先ほど完成したものを観たのですが、メンバー全員一致でその場でお金払おうかと思いました(笑)。主題歌と挿入歌で関わることができて、本当に光栄に思っています」と感激しきり。

監督を務めた佐藤信介は「一発のリフがこの映画を変えた気がしています。映画を作っているときに口ずさんでいたし『BLEACH』のテーマになったなと思います」と明かす。「作品が完成する前にアーティストさんと一緒に完成前の映画を観て、楽曲の話をしたのは初めてでした。それがすごく良かったし、そこに今回の楽曲が合ったっていうのが奇跡のように感じています」と喜びを述べた。

俳優陣による迫力あるアクションと日本最高峰のCGチームを従え、佐藤監督が壮大な世界観の映像化に挑む本作。[ALEXANDROS]の楽曲がどのように作品を彩るのか、より一層期待が高まった。『BLEACH』は7月20日(金)公開。(Movie Walker・文/編集部)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)