舘ひろし、“終わらない人”にならない秘訣は「女好き。イヌもネコもメスしか見ない」

舘ひろし、“終わらない人”にならない秘訣は「女好き。イヌもネコもメスしか見ない」

舘ひろしが語る“終わらない人”にならない秘訣とは?

内館牧子のベストセラー小説を、舘ひろし、黒木瞳をW主演に迎えて映画化した『終わった人』の初日舞台挨拶が、6月9日には丸の内TOEI1で開催され、舘、黒木、広末涼子、中田秀夫監督が登壇した。舘は“終わらない人”でいるための秘訣について「日々、なにをしてるかというと、女好き? いつも女の人を見てる。イヌもネコもメスしか見ない」と言って会場を笑いに包んだ。

舘は30年近い旧知の間柄である妻役の黒木について「限りなく夫婦に近い、ただの友だち」と語り「今回攻撃的なお芝居をさせてもらい楽しかったです。それは黒木さんが千草という役をちゃんとやってくれたからこそできた。黒木さんの手のひらでコロコロッとされて作られた映画かなと思っています」と感謝した。

黒木は、中年太りの男という役柄のために、お腹に綿を詰めた舘について「最初に見たとき、お太りになったのかな?と本当に思いました(笑)。役作りのために太られたのかなと。ところが(綿が)移動するんです。なんだ、そうかと、あとでわかりました」と言うと会場は大爆笑。

夫婦役を演じた舘と黒木について広末は「どう考えても、一生現役のおふたりが、定年後の夫婦を演じられるなんて。でも、本当に終わっちゃいそうな人がやったら、ただの悲しい切ない話になっちゃうから、終わらないふたりがやらないといけなかったんです」と言って笑いをとった。

定年退職する主人公にちなみ、初日を迎えて映画のプロモーションを“退職”する舘に、妻役の黒木と、想い人役の広末から花束が贈られた。舘は「この仕事に定年はないんですが、きっと定年というのは人生の1つの通過点だと思うので、定年から始まる新しいことはいっぱいあります」とシニア世代へのエールを贈った。

『終わった人』は、定年を迎えたエリートサラリーマンの田代壮介(舘ひろし)に人生の転機が訪れ、いろんな紆余曲折を経ていくという人間ドラマ。黒木は、美容師の妻・千草を演じ、『リング』(98)の中田秀夫監督がメガホンをとった。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)