ギリシャの王女が超セクシーショットを披露!正式に女優デビュー?

ギリシャの王女が超セクシーショットを披露!正式に女優デビュー?

マリア=オリンピア王女が女優デビュー?

ギリシャのパウロス元王太子とマリー・シャンタルの長女でギリシャの王女マリア=オリンピア(21)が、セクシーショットを披露。女優デビューが噂されている。

2016年にはヘンリー王子との交際も報じられたオリンピア王女はラグジュアリーな生活が大好きで私生活も華やか。破局後の20歳の誕生日にも、ミコノス島で友人らとバカンスを楽しみ、ビキニやミッソーニのオールインワンでナイスバディを披露するなど、セクシーショットはお手の物だ。

今回もシルクのネグリジェ姿でベッドに横たわり、片肘をつきながらスマホを見ている姿や、ビキニ姿の超スレンダーなナイスバディをインスタグラムで披露し「すごいスタイル!」「美しいプロポーション」と評判だが、なんとナオミ・ワッツやジャレッド・レトなど大物俳優らが所属する有名なエージェントUntitled Entertainmentと、契約を交わしたことも明らかに。

オリンピア王女は、昨年2月にドルチェ&ガッバーナの2017-18年秋冬ウィメンズコレクションのモデルとしてランウェイを歩いたが、昨今では、セレブだけでなく王室の2世が一流ブランドの広告塔を務めるのが当たり前になっているため、この時はさほど大きな話題にならなかった。

しかし、今回は女優らが所属するエージェントとの契約が明らかになったことで、王室から女優が誕生する可能性が高そう。イギリスのメーガン妃が元女優だったこともあり、ヨーロッパ王室も大きな転換期を迎えているようだ。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)