堺雅人がクリストファー・ロビン役に!「プーさんはあなどれません」

堺雅人がクリストファー・ロビン役に!「プーさんはあなどれません」

堺雅人が実写吹替えに初挑戦!

全米でユアン・マクレガー主演の実写映画としては歴代No. 1のオープニング興行収入を記録した『プーと大人になった僕』が9月14日(金)より公開される。このたび、本作の日本語吹替版で主人公クリストファー・ロビンの声を堺雅人が担当することが決定した。

A・A・ミルンの児童小説から生まれ、世代を超えて幅広く愛されつづけている人気キャラクター「くまのプーさん」をディズニーが初めて実写映画化した本作。大人になりロンドンで仕事漬けの日々を送るクリストファー・ロビンが、大親友のプーと奇跡の再会を果たし、100エーカーの森の仲間たちを探す物語だ。

このたびクリストファー・ロビンの吹替え声優に決定した堺雅人は、これが実写映画の吹替え声優初挑戦。「半沢直樹」や「真田丸」など、様々なドラマでカメレオン俳優としての技量を発揮する堺は、過去には人気アニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」に出演していた経歴も。その多彩な演技力が本作でも輝くこと間違いなしだ。

本作のオファーを受けたことについて堺は「いつか挑戦してみたいと思っていたのでとてもうれしかったです」と、実写吹替え初挑戦の喜びを語る。そしてユアン・マクレガーさんという素晴らしい俳優のお芝居に導かれるような感じで、とても楽しい作業でした」と収録本番を振り返る。さらに大親友として初共演を果たす世界的スターでもあるプーさんについて「『今日が一番大事』とか『今日が一番好き』とか、演じていて考えさせられるセリフがいくつもありました。プーさんはあなどれません」とコメント。

また、これまで八代駿や亀山助清ら名だたる声優が声を務めてきたプーさんの声には、かぬか光明が新たに抜擢。そして2013年に亡くなった石田太郎に代わり、イーヨー役を『くまのプーさん』(11)で歌唱パートの吹替えを担当していた石塚勇が演じ、ティガー役とピグレット役は同作に引き続き玄田哲章と小形満が担当する。

クリストファー・ロビンを演じるユアン・マクレガーの初来日も決定し、注目の吹替え版キャストも発表された『プーと大人になった僕』。誰もが知っている「くまのプーさん」の物語の先にある、奇跡と感動の展開にきっと誰もが心打たれることだろう。(Movie Walker・文/久保田 和馬)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)