中条あやみ&佐野勇斗、“美女とオタク”の恋はアリ?「熱中できるものがある人はステキ」

中条あやみ&佐野勇斗、“美女とオタク”の恋はアリ?「熱中できるものがある人はステキ」

中条あやみ&佐野勇斗、息ぴったりの仲良しトークで恋愛観も告白!

中条あやみと佐野勇斗が、“美女とオタク”の純愛を描く『3D彼女 リアルガール』(公開中)で初共演を果たした。学校イチのキラキラ美少女&コミュ障で挙動不審のオタク男子というインパクトあふれるキャラクターを、それぞれが血の通ったものとして体現。笑って泣ける青春純愛コメディに仕上がった。中条と佐野にインタビューを敢行すると、息ぴったりの仲良しトークで、共演の感想や恋愛観を明かしてくれた。

テレビアニメにもなった那波マオ原作の人気コミックを映画化した本作。超絶オタクの非リア充男子“つっつん”こと筒井光(佐野)が、リア充女子の五十嵐色葉(中条)から「付き合って」と告白され、新手のイジメだと思いながらも交際をスタート。正反対の2人がお互いを知りながら、恋心を募らせていく姿を描く。

すべての仕草、表情がキュートな色葉を演じた中条は「“おじさん”みたいな私に、こんなかわいい女の子の役ができるのか不安だった」と告白。すると佐野が「否定はしない。中身はおじさん!」と笑うなど、インタビューが始まるや、絶妙なコンビネーションを見せる。文句なしの美少女である中条が「かわいい女の子の役は不安」と言うのは意外だが、中条は「色葉はものすごくキラキラしている女の子なんですが、私はかわいい仕草や表情が昔から得意ではなくて…。『Seventeen』のモデルをやらせていただいていた時は先輩の表情を見て研究していたので、その当時をイメージしたりしていました」と“史上最高のかわいい”が必要となる役づくりを振り返る。

一方の佐野は、歩き方や身振り手振りなど「『電車男』を観て参考にしたり、『トイ・ストーリー』のウッディの動きも参考にしました」と研究も重ねたそうだが、「僕は、普段からつっつんのような仕草になることもあって。基本的には、自分の引き出しから引っ張り出したものが多かったです」とこちらも驚きの一言。「いつもは演じる前に不安になることが多いんですが、今回は撮影するのがすごく楽しみでした。学校の仲間を演じたメンバーとも仲よくなれて、完成作にもそれが映っていました。ステキな仲間たちに出会えた映画です」。

美女とオタク男子の恋を描く物語となるが、中条にとってオタク男子の印象は?「自分よりも優先されてしまったらさみしいけれど、熱中できるものがあって、それを通して一緒に話ができたりすればすごく楽しいなと思います。付き合うとなったら、相手が好きなものを自分も好きになることができたら、ステキですよね。なにも楽しいことがないという人より、熱中できるものがある人のほうがいい」と好印象の様子。

佐野も「2人でアニメを観ているシーンは、すごくいいよね」とうなずきつつ、「つっつんほどではないにしろ、僕も1つのものに熱中したり、一途になることが多いです。好きなアーティストさんとかも、好きになるとずっと好き。女の子に対しても一途ですよ!」とお茶目にニヤリ。中条は「自分でそういうこと言う!?」と笑いながらも、「つっつん役に対しても一途でしたね。研究もしていましたし、とにかく動きも仕草もおもしろくて」と佐野のオタク男子ぶりを大絶賛だ。

中条の役へのハマりぶりについては、佐野が「人と壁を作らない感じが、すごくぴったり。中条さんもそういう方なんです」と吐露。中条自身も「色葉の内面はとても共感ができました。つっつんに素直に好きと言えなかったり、自分だけで解決しようとしてしまう不器用さもすごくわかる。スクールカーストを気にせずに人と接する色葉の心持ちも、私と似ていると思います。自分が好きな人は好き、苦手な人は苦手って(笑)」と色葉に心を寄せる。

すると佐野は「気を遣わせないというか、一緒に過ごしていてすごく楽なんです。持っていたイメージとは180度違いましたね。そして中条さんは僕の“はとこ”に似ているんです!うちの母親も中条さんの大ファンで、“中条さんによろしく”とメールしてくるんです…」と照れながら明かしていた。

恋の輝きを描くストーリーにちなみ、恋愛観も聞いてみよう。異性に思わず惹かれてしまうのは、どんな瞬間だろうか。佐野は「かわいいなと思った女の子が、礼儀がしっかりしていたり、人に思いやりを持って接していたりしたら好きになっちゃいますね」。

中条は「話していて楽しくなれる人。あと私、匂いフェチなんです。明るくて、いい匂いの人がいいですね」と激白。さらに「本作には、つっつんに片想いする綾戸さん(上白石萌歌)が出てきますが、綾戸さんを見ていると『片想いっていいなあ』と思ったり。教室から窓をのぞいて、あちら側の校舎にいる好きな先輩を見つめるとか!また窓側の席にならないかなあって、お願いしたり」と妄想を膨らませると、佐野は「ちゃんと女の子じゃん!おじさんじゃない!」と楽しそうに突っ込んでいた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)