舘ひろしが丸刈りで山本五十六役に!浜辺美波らが『アルキメデスの大戦』に参加

『アルキメデスの大戦』に舘ひろし、浜辺美波、柄本佑、小日向文世、國村隼、橋爪功ら

記事まとめ

  • 菅田将暉主演、山崎貴氏監督『アルキメデスの大戦』の追加キャスト陣が明らかになった
  • 舘ひろし、浜辺美波、柄本佑、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯が追加
  • 山本五十六役を演じる舘は、役作りのために、長い俳優人生で初めて丸刈り頭にした

舘ひろしが丸刈りで山本五十六役に!浜辺美波らが『アルキメデスの大戦』に参加

舘ひろしが丸刈りで山本五十六役に!浜辺美波らが『アルキメデスの大戦』に参加

海軍のトップ陣に豪華キャスト集結

『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズや『永遠の0』(13)など、大ヒット映画を次々に生みだしてきた山崎貴監督の最新作『アルキメデスの大戦』が現在製作中。第二次世界大戦時の“戦艦大和”をスクリーンに蘇らせ、菅田将暉が主演を務める本作から、このたび、豪華追加キャスト陣が明らかになった。

発表された追加キャストは、舘ひろし浜辺美波、柄本佑、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯の8名。原作は「ドラゴン桜」で一世を風靡した三田紀房による同名漫画で、1930年代の日本を舞台に、アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍で繰り広げられる「戦艦大和建造」を巡る知略・謀略、そして“数学”を駆使した頭脳戦が描かれる。

「戦艦大和」建造計画を阻止すべく、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を海軍に招き入れるキーパーソンであり、日本で最も有名な軍人・山本五十六役を演じるのは、舘ひろし。役作りのために、長い俳優人生で初めて丸刈り頭にしたという舘は「いろいろな文献を読み直し、数々の名優が演じられてきたものと、またちょっと違う山本五十六を意識して演じました」と熱い姿勢を明かした。また、撮影で特に印象に残っているのは、映画のクライマックスだと言う。海軍のトップ陣が戦艦大和をかけてぶつかる合う大会議シーンの撮影は4日間にも及び、迫力の大舌戦に仕上がったようだ。

菅田演じる櫂直に想いを寄せる社長令嬢・尾崎鏡子役を演じるのは浜辺美波。女性キャストは自分だけという場面も多かったそうだが「温かい現場で、すぐに馴染むことができました」と振り返る。櫂直と次第にバディになっていく若手軍人を演じる柄本佑は「菅田くんとは、怒られるんじゃないかってくらい毎日おしゃべりしていましたが、現場になると頭の回転が非常に速く、すごい人」と主演の菅田を絶賛した。

その他、「戦艦大和」の建造案を作った張本人であり、櫂直らと対立する造船中将・平山忠道役の田中泯や橋爪功、國村隼、小林克也、小日向文世と、まさに日本映画界を支える名優たちの“オールスター共演”が実現。

7月中旬〜9月中旬までの2か月間、猛暑と戦いながら撮影が行われたという本作は、2019年夏公開予定だ。

<キャストコメント>

●舘ひろし

「山本五十六という大きな役をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。男子ならばやはりやってみたい役だと思います。役の為に髪を短く切ってほしいとお願いされた時も、やぶさかでなく、すごく嬉しかったです。第二次世界大戦前の少し若い時代を演じるということで、いろいろな文献を読み直し、数々の名優が演じられてきたものと、またちょっと違う山本五十六を意識して演じました。山崎貴監督とは是非ご一緒したいと思っており、今回、念願が叶いました。映画のリズムに合ったものを撮れるまでしっかり粘る姿は、勉強になりましたし、久しぶりに映画の現場らしい現場を見た気がして楽しかったです。撮影で特に印象に残っているのは、映画のクライマックス、海軍のトップ陣が戦艦大和をかけてぶつかる合う大会議のシーン。菅田将暉くんは、数学的な長いセリフを機関銃のような勢いで話し、かつ、黒板に数式を書きながらそれをやってのけ、圧巻でした!撮影のカットがかかった瞬間、思わず拍手してしまった程です。また、この豪華なキャストの皆さんはやはり素晴らしく、会議での大舌戦は迫力がありましたね。映画を是非、楽しみにしていてください」

●山ア貴監督

「(舘ひろしの起用理由について)館さんの持っているしゃれた雰囲気や優しそうな人柄、その奥に光る芯の強そうな気配…。いわゆる立志伝中の人物ではなく、人間的な山本五十六を描きたいと思い、それに1番ふさわしい人はと考えた結果です。御本人は第二次大戦時の海軍に関して、並々ならぬ知識を持っており、そういう意味でもこのキャスティングははまったなと自負しています」

●浜辺美波

「女性キャストは私一人だけという場面も多かったのですが、凄く温かい現場で、すぐに馴染むことができました。山崎組はスタッフ、キャストのみなさんで一つの輪になり、凄くいいチーム感が出来ていたと思いますし、その中にいられることが嬉しかったです。山崎監督は現場中、だんだんと親近感をおぼえていくような不思議な方で、多くの方がついていきたくなる理由が分かりました。そんな山崎組だからこそ、安心して演じることができました。私の演じた尾崎鏡子は、財閥のお嬢様なので、育ちの良さが出るように意識し、年齢相応の可愛らしさも表現できたらと思いながら役に向き合いました。戦時中に海軍のトップで日々戦っていた男たちの熱い話ですが、私の演じる一般人の視点でも見てもらえると、また違う捉え方も味わって頂けると思います。楽しみにしていてください」

●柄本佑

「僕が演じる田中少尉は、ガチガチの軍人から少しずつ人間味を帯びてきて、菅田くん演じる櫂直と次第にバディになっていくという役です。役作りに当たり、江田島にある旧海軍兵学校で1日入隊体験をしてきました。とてもしんどかったですが、基礎的な敬礼や上官への態度を学んだことは大いに役立ちました。菅田くんとは、怒られるんじゃないかってくらい毎日おしゃべりしていましたが、現場になると頭の回転が非常に速く、凄い人です。舘ひろしさんはおおらかで、どっしりと演じられていて、しなやかな強さをもつ『新しい山本五十六』を見ました。そして大会議のシーンでの豪華な俳優の皆さん、毎日暑い中で大変な撮影だったにも関わらず、休憩中も疲れを感じさせず大声でおしゃべりしていて、ビックリしました。そんなパワフルな方々によって、熱気あふれる凄いシーンになったと思います。改めて、凄い俳優陣に囲まれた現場だったと思いました」

●小林克也

「橋爪さんとは30年くらい前に一緒に仕事をしていて、ミニ同窓会みたいなところもあり、楽しかったです。台本を読んだり、資料を読んだり、そして家族や親せきが戦時中経験したことを思い描きながら演じさせてもらいました。氷がすぐとけてしまうような暑い現場でしたが、芝居もちゃんとしたし、休む時はリラックスできましたし、ちゃんとお仕事させてもらいました! 撮影を通じて、『魂が入っている』というよう映画ができつつあるんじゃないかな、と感じております。最近は『半端ない』とか、いろいろな言葉がありますが、菅田将暉くんの芝居はまさにそれでした。『凄いもんを見せてもらった』と思っています」

●小日向文世

「『ALWAYS 三丁目の夕日』の時もそうですが、山崎監督が穏やかなので、現場も同様に穏やかで、心地良く役に入れる現場でした。これから『戦艦大和』をCGで作っていくそうで、私も観客のような気分で楽しみにしています。今作は漫画原作とは思えないリアリティがあって、『もしかしたら戦艦大和が出来上がるまでにこんなことあったんじゃないか』と思わせる、よく練られた脚本だと思いました。菅田将暉くんとは初めて共演しましたが、役に真剣に向き合っていると感じさせる佇まいがあり、格好良かったです。あと、顔が小さくてびっくりしました(笑)」

●國村隼

「山崎組は監督の人柄みたいなものがすごくよく反映されていて、どんな現場でも温かい雰囲気がある現場です。スペクタクルなCGのシーンもありますが、人の想いや思惑のぶつかり合う、大会議のシーンは凄く見ごたえがあると思います。今回、菅田くんと舘さんと一緒のシーンが多かったのですが、菅田くんは数学者の作られた難解な数式を間違えることなく、黒板に書きながら芝居をしていて、不思議なものを見ている感覚でした。感心してしまいましたね。そして、舘さんとも初めての共演でしたが、今までの山本五十六のイメージとも少し違う、舘さんの山本五十六がそこにあり、楽しくやらせていただきました」

●橋爪功

「台本で20数ページにわたる大会議のシーンでは、なかなか独特な雰囲気がありましたね。そんなシーンだから、楽屋もまじめかと思われるでしょうが、ベテランたちのおふざけトークにも若い人たちが温かく(?)付き合ってくれたりして、笑いの絶えない時間でした。暑くて、長くて、帰るとぐったりの現場でしたが、楽しい時間でした。監督に『嫌な役で出して』と交渉したら、教養もないのにやたらえばってる、けっこうな役をいただきました。監督の狙い通りに演じられていればと少し心配しています。主演の菅田将暉くんにはビックリしました。数式や図式をスラスラと書きながら、セリフもテンポよく演じる、凄い才能です。若さってすごいね」

●田中泯

「山崎組への参加は三作目。これまでよりは少し余裕をもって『組』にいることができたように思います。僕は自身を演技者としては素人だと思っているんで、なかなか現場というのに慣れる事はない。でも今回は関わっているスタッフのそれぞれの仕事もよく見ることもできたかな。撮影現場は俳優だけでなく一人一人が大事な仕事を各所でやっている、そういう意味では俳優も同じようにそこにいる。ありきたりかもしれないけれど、演じている時でも一緒に乗り越えてくれている様に感じられる組力を山崎組には感じます。造船中将という理数系の人を演じるにあたり、早口で台詞を言って欲しいと監督からお願いされ、僕は日常的に人に対して言葉を早く話すことをあえてしてこなかったので、それはとても難しいことでした。けれど、だからこそ楽しい!大会議のシーンでも、大勢での芝居をした経験がこれまで少なく、また、自分より年上の人が現場に何人もいるのがありがたく、1日1日が長く感じるほど濃密な時間だった。貴重な体験だった」(Movie Walker・文/編集部)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)