次の休暇はウェスタロスへ?「ゲーム・オブ・スローンズ」のロケ地がアトラクション化決定!

次の休暇はウェスタロスへ?「ゲーム・オブ・スローンズ」のロケ地がアトラクション化決定!

「ゲーム・オブ・スローンズ」ロケ地がアトラクションに!

19年に放送されるシーズン8が最終章となる「ゲーム・オブ・スローンズ」は、いままで主にクロアチアやアイルランドで撮影が行われてきたが、放送局のHBOは、北アイルランドにあるドラマの複数のロケ地を、19年から観光客向けに「ゲーム・オブ・スローンズ・レガシー」という名前でアトラクション化することを発表した。このアトラクションでは、ドラマに使われた実際のロケ地を巡ることができるほか、セットの装飾や剣などの小道具、衣装なども見学することができる。

HBOのライセンス&小売部門の副社長ジェフ・ピーターズは「セットを保存し、ファンの皆さんに直接ウェスタロスの世界を探検してもらうことで、本作のクリエイティブチームとクルーの作り上げた世界をお届けできることを喜んでいます」とコメント。

北アイルランド観光庁長のジョン・マクグリレンも「このプロジェクトは、北アイルランドの観光業にとって、グローバルレベルで影響を与えることになる」といい、同企画の後押しをしている模様。世界規模でファンがいる同ドラマが、放送終了後も地域に与える経済効果に期待を寄せているようだ。

こちらのアトラクションには、現時点でウィンターフェル、キャッスル・ブラック、キングス・ランディングなどのセットや、撮影に使われた「Linen Mill」というスタジオが含まれる予定。

「ゲーム・オブ・スローンズ」の最終章は19年上半期に放送される予定だが、こちらのアトラクションも19年内にオープンする計画だそうだ。史上最高の予算を使って製作されたドラマの最終章放送と同様に、アトラクションもオープン前からファンの大注目を浴びている。(Movie Walker・LA在住/小池かおる)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)