Kis-My-Ft2北山宏光、主演映画撮影現場で「多部さんにしゃべりすぎって怒られちゃいました(笑)」

Kis-My-Ft2北山宏光、『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』主演 多部未華子ら出演

記事まとめ

  • 『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』は「月刊YOU」にて連載された漫画を実写化
  • 人気グループKis-My-Ft2の北山宏光が同作の主人公の寿々男=猫のトラさんを演じる
  • 同作で、多部未華子は同作で妻の奈津子を演じ、平澤宏々路が娘の実優を演じる

Kis-My-Ft2北山宏光、主演映画撮影現場で「多部さんにしゃべりすぎって怒られちゃいました(笑)」

Kis-My-Ft2北山宏光、主演映画撮影現場で「多部さんにしゃべりすぎって怒られちゃいました(笑)」

北山宏光が猫役に挑戦する『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』は2019年2月15日(金)より公開

2014年より「月刊YOU」にて連載され、独特の世界観で人気を集めた漫画を実写化した『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』(19年2月15日公開)。酒とギャンブルに溺れる日々を送るなか、交通事故であっさり死んでしまうものの、あの世の関所で1か月の執行猶予付きで“猫”として家族のもとに戻される主人公の寿々男=トラさんを演じるのは、人気グループKis-My-Ft2北山宏光。その北山をはじめ、妻の奈津子を演じる多部未華子と娘・実優役の平澤宏々路がそろった撮影現場を訪れた。

横浜市の閑静な住宅街に実際に建つアパートの一室。その日の撮影は、物語の序盤である寿々男が交通事故に遭う前、つまりトラさんの姿になる前の家族との最後のシーンだ。一家の部屋は、両親と娘が暮らすのにちょうどいい2DKの間取り。玄関から続く小さなリビングにこたつを置いた空間も、なんだか妙にしっくりくる。

設定は2月3日の節分の日。鬼の面をつけた寿々男が、奈津子の様子を伺いながら、部屋のあちこちをあさりどこかにお金はないかと探している。北山のコミカルな動きに、テストの段階から監督の笑い声が漏れる。これが映画初出演、初主演となる北山だが、気負いはまったく感じられない。撮影の合間に、親子を演じた3人から話を聞いた。

■ 「生活感が出ている」アパートのセットに北山も満足げ!

「初映画、初主演で、初猫。今後、ずっと記憶に残っていく作品だと思います。その分、もちろん素晴らしい映画にしたいなと思っていますし、しっかり笑えて泣ける、観る人の感情をちゃんと揺さぶれるものにしたいと思っています」と北山。

3人が暮らすアパートもお気に入りの様子。「本当に細かく作られていて、生活感が出ているんですよね。棚の中にカップラーメンが入っていたりして。画面にはほとんど映らないんですけど、普通に生活していたらこういうのもあるよなって、感動しました。冷蔵庫に付いているマグネットがお寿司だったり。それから、なぜかカエルグッズが多いんですよ。そういうこだわりもおもしろい。セットという感じがなくて、実際に寿々男たちが住んでいる家に飛び込んだようです」と満足げだ。

奈津子を演じる多部は、視点も自然と妻目線に。「ブランケットの色や、部屋全体の色の雰囲気など、きっと奈津子が選んだんだろうなという感じがします。部屋からも、奥さんとしての奈津子のキャラクターがとても出ていると感じます」。寿々男と奈津子の一人娘である実優役の宏々路ちゃんも「水玉とか、柄とか、部屋の雰囲気がすごくかわいい。楽しくなるし、なんだかずっと前から住んでいたような気になります」と笑顔を見せる。

■ 父役・北山のフレンドリーなスキンシップ

すでにチームワークが出来上がっている3人。宏々路ちゃんは「お父さんはよくしゃべってくれて、楽しい人。お母さんはしっかりした面もあって優しいです」と両親としての北山と多部の感想を漏らしたが、実際の北山については最初のイメージとは違ったとも明かした。「アイドルとしてとても活躍しているし、少し近寄りにくいのかなと思っていました。でも会ってみたら、優しくてフレンドリーで、すごくおしゃべりなんです」。

これに北山自身も続けて告白。「宿題を見せてもらったのに、それが分数で、俺が解けなかったり。宏々路ちゃんがストレッチしていれば、『いつもしてるの?』って話しかけたり、ヤンキー漫画を読んでいた時には、『昔はこういう髪型の人が本当にいたんだよ』とか、いろいろ話しかけてたら、あるとき、黙っちゃって…。あれ?と思ったら、多部さんに『しゃべりすぎ!』って。怒られちゃいました(笑)」。

「確かにおしゃべりですね」と多部も同意し、3人で声を上げて笑う姿は、仲のいい家族そのもの。しかし物語では、寿々男は猫のトラさんへと姿を変えることになり、北山が猫を演じることでも話題を集めている。

■ “猫”役ドハマりの北山に多部がジェラシー!?

「たとえばスキップしたり、歌いながら歩いたりとか。そういうのって普通に道を歩いている時にはあまりできないですよね。でも猫の格好で、しかも周りの人間たちには『ニャーニャー』言っているようにしか聞こえないとなると、楽しくできるんです。でも映画を観る側の人にはトラさんの言葉が言葉として入ってくるわけで。おもしろいですよね。人間だけど猫、猫だけど人間っていうところがあるので、そのギリギリのラインを考えて演じています」。

“猫”役を堪能している北山を見て、多部からはこんな感想まで。「かわいいなと思って見ていたんです。現場もピリピリしようがなくてずっと穏やかです(笑)。見ているだけで癒されるな、いいなと思っていたんですが、いよいよ羨ましいなと思ってきました(笑)」。あまりのハマり具合に、宏々路ちゃんも「風でしっぽが揺れただけで、本当に動かしているのかなって思っちゃいました」と絶賛。北山も「今のところ、身内には好評ですね」とにんまり。「家族」をやりなおす30日間が描かれる本作。3人の温かい空気感に期待が募る。(Movie Walker・取材・文/望月ふみ)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)