劇団EXILE総出演!『jam』から予告編&青柳翔の演歌熱唱シーンが到着

劇団EXILE総出演!『jam』から予告編&青柳翔の演歌熱唱シーンが到着

青柳翔&町田啓太&鈴木伸之が主演を務める!

10月25日(木)に開幕する第31回東京国際映画祭で特別招待作品として出品されることが決定した、SABU監督の最新作『jam』が12月1日(土)から全国で公開。このたび本作の予告編と、青柳翔演じる場末のアイドル演歌歌手・ヒロシの熱唱シーンを映した特別映像が到着した。

3人の主人公の物語が同時間&同じ街で交差していく本作。熱烈なファンに支えられながら心に空虚感を抱えるアイドル演歌歌手のヒロシは、あるときファンの一人に付きまとわれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、瀕死の重傷を負ってしまった彼女の意識回復を望むタケル、刑期を終えて自分を刑務所送りにしたヤクザに復讐を目論むテツオ。それぞれの人生の“因果応報”が巡りめぐっていくことに。

このたび解禁された予告映像は、『天の茶助』(15)や『MR.LONG/ミスター・ロン』(17)で知られるSABU監督らしい疾走感溢れる映像で、登場人物たちの人生が巧みに絡み合っていく。また、予告編とあわせて解禁された特別映像では本作の目玉シーンの一つである、青柳演じるヒロシが大熱唱するシーンが収録されている。

もともと歌手志望だったという青柳は、劇団EXILEに加入後俳優として活躍。16年に「HiGH&LOW」内で演じた九十九のテーマ曲である「Maria」で歌手デビューを果たし、見事な歌声でファンを驚かせた。その後、ソロアーティストとしても活動するようになった青柳は、本作で初めて歌声をスクリーンで披露する。

青柳のほかにもタケル役を町田啓太が、テツオ役を鈴木伸之が演じる本作は、EXILE HIROのプロデュースのもと劇団EXILEのメンバーが総出演を果たすことでも注目を集めている。演技力はもちろんのことスクリーン映えする存在感と高い身体能力も持ち合わせた彼らが、劇中でどのような輝きを見せてくれるのか。大いに期待したい!(Movie Walker・文/久保田 和馬)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)