女優・のんが主演映画の監督に質問攻撃「すごくしつこかったですよね」と恐縮

女優・のんが主演映画の監督に質問攻撃「すごくしつこかったですよね」と恐縮

女優・のんが主演声優を務めた完成披露試写会に登壇

能年玲奈から改名し、新たなスタートを切った女優・のん。彼女が初めて主演声優を務めた『この世界の片隅に』(11月12日公開)の完成披露試写会が9月9日にスペースFS汐留で開催され、片渕須直監督と原作者・こうの史代と一緒に舞台挨拶に登壇した。主人公すず役を演じたのんは、緊張した面持ちで「本当に素晴らしい作品で、参加させていただいてうれしいです」と挨拶をした。

のんは、戦火の物語を描く本作について「戦争というのが1つのものとしてあるんじゃなく、生活と隣合わせで起きてくるってことが、すごく怖いなと。だからこそ生活が素晴らしく、幸せに思える作品でした」とコメント。

のんは演じたすずとの共通点について「(私も)ぼーっとしていると言われます。だけど気が強いところ、パワフルなところがあるので共感しました。そこから探っていき、共感できるところから共鳴するようにしていきました」と語る。

片渕監督が「なぜこうなのかわからないとか、すごく質問をもらいましたよね」と言うと、のんは「すごくしつこかったですよね。しつこすぎて大丈夫かなと思っていました。ありがとうございます」と恐縮する。

片渕監督は「その質問から作品の本質をとらえることができた。それはエンディングにも反映されたなと思っています。のんさんは一度、すずを理解するという役回りをしていただき、それがこちらにもはね返ってきて、作品が良くなったと思います」とのんに感謝する。

原作者のこうの史代も「物語にない明るさ、原作にはない素直さがあり、芯の強さも良かった」とのんを称えた。

『この世界の片隅に』は、第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、日々を大切にして前を向いていく女性・すずの奮闘を描くアニメーション作品。原作は、第13回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックで、第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した『マイマイ新子と千年の魔法』(09)の片渕須直が監督を務めた。【取材・文/山崎伸子】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)