常盤貴子「不倫の境界線はどこまでだろう」 出演の映画『だれかの木琴』をアピール

記事まとめ

  • 『だれかの木琴』の初日舞台挨拶が開催され常盤貴子、池松壮亮、東監督が登壇した
  • 常磐は最近の不倫報道に触れ「不倫の境界線はどこまでだろう」と考えたという
  • 「何が起こっているかはわからない。そういうことを想像させてくれる映画」とアピール

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております