吉田羊が一日署長に!振り込め詐欺に遭った友人の話を明かす

吉田羊が一日署長に!振り込め詐欺に遭った友人の話を明かす

吉田羊が神奈川県警察・加賀町警察署の一日署長に

WOWOW開局25周年記念企画「連続ドラマ W コールドケース 〜真実の扉〜」(10月22 日22:00〜第1話無料放送)で連続ドラマ初主演を務める吉田羊が、特別ゲストとして神奈川県警察・加賀町警察署の一日署長に委嘱された。吉田は委嘱式の後「家族の絆を凍らせない サギ撲滅キャンペーン」のイベントに参加。雨天の晴れ間ということで「晴れ女の面目躍如としてほっとしています」と笑顔で語り、横浜中華街でサギ撲滅を訴えた。

吉田は「この度、『連続ドラマ W コールドケース 〜真実の扉〜』で主演の石川百合役を演じます。そのご縁で一日署長を務めさせていただくことになりました。ドラマでは横浜、元町、川崎、湘南のロケ地が非常に美しく撮影されています。住んでいる方々には改めて誇りに思ってもらえるような素晴らしい映像になっています」とドラマをアピール。

「サギ撲滅キャンペーン」ということで、吉田は振り込め詐欺に遭った友人のエピソードを紹介した。「友人はお金を取られたことも悔しいけど、自分が守りたいという親心を利用されたことが悔しいと言っておりました。サギを撲滅できるよう力を合わせてやっていきたいです」と力強く語った。

イベントには吉田羊と、神奈川県加賀町警察署長・吉田忠之、神奈川県警察本部生活安全総務課長・小島伸治、神奈川県防犯協会連合会専務理事・柴茂、神奈川県防犯指導員連絡協議会会長・原洋二、ピーガルくん、リリポちゃん、振り込まセンジャー(神奈川県警察キャラクター)が登壇した。

「連続ドラマ W コールドケース 〜真実の扉〜」は、ワーナー・ブラザース・テレビジョン制作の世界的人気ドラマ「コールドケース」の日本版。吉田羊にとって連続ドラマ初主演作となり、神奈川県警捜査一課で未解決事件に挑む石川百合役を演じる。【取材・文/山崎伸子】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)