宮崎あおいが涙!渡辺謙に「お父ちゃんと会えなくなっちゃうのがさみしい」

宮崎あおいが涙!渡辺謙に「お父ちゃんと会えなくなっちゃうのがさみしい」

宮崎あおいが父親役の渡辺謙に感謝の涙

『悪人』(15)の李相日監督と豪華キャストによる群像劇『怒り』の初日舞台挨拶が、9月17日に日劇2で開催。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡、李監督が舞台挨拶に登壇し、観客とのティーチインに答えた。宮崎は父親役の渡辺について「今日から映画が始まり、明日から“お父ちゃん”とはもう会えなくなっちゃうのかと思うと、寂しいところがあって」と涙ぐんだ。

宮崎は「現場でもすごく支えていただいた。自分の居場所を作っていただいた。お父ちゃんについていけば大丈夫だという安心感がありました。謙さんの娘を1回でも演じられて幸せに思っています」と渡辺に感謝した。

渡辺も本作で新境地を開いた宮崎について「彼女がこの役をやろうとした思い、覚悟は言わずとも感じていたので、俳優としても先輩としてもきちんと見届けたいと思った。濃密な生活をさせていただいた感じです」と言った後、宮崎に「でも、連絡くださいね」と笑いかけた。

そんな宮崎だが、共演の松山から「昔、ある女優さんが『いままでで仕事をしてきて、いちばん変人な女優さんて誰?』と聞かれた時、あおいちゃんのことを言っていました。今回共演してよくわかりました」と言われ、会場は大爆笑となる。松山は続けて「だから愛子を演じられたんだなと思います。素晴らしい女優さんです」と称えた。

観客からの熱い感想を聞き、それぞれに手応えを感じていたゲスト陣。最後は全員で鏡開きを行った。渡辺は最後に「すべてのキャスト、スタッフ、(音楽の)坂本龍一さん、(原作者の)吉田修一さんの本気の思い。それをまとめ上げた李監督の思いが全国に届いていくことを今日確信することができました。本当にありがとうございました!」と力強く締めくくった。

『怒り』は、日本アカデミー賞など国内の映画賞を多数受賞した『悪人』(15)の李相日監督と原作者の吉田修一、同作のスタッフ陣が再びタッグを組んだ群像劇。逃亡中の殺人犯を巡り、彼を取り巻く周りの人々の心が揺さぶられていくというサスペンスドラマ。千葉・東京・沖縄という3つの舞台で、3つの物語が同時進行していく。【取材・文/山崎伸子】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)