『怒り』の李相日監督が語る、渡辺謙らキャスト7人との撮影秘話【後編】

『怒り』の李相日監督が語る、渡辺謙らキャスト7人との撮影秘話【後編】

『怒り』の李相日監督にインタビュー

日本映画界を担う実力派俳優たちが集結した勝負作『怒り』が遂に9月17日に封切られた。国内外で高い評価を受けた『悪人』(15)の吉田修一の小説を李相日監督が再び映画化したということで、期待値は相当高い。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡という豪華キャストたちが織りなす重厚なアンサンブル演技は、どこを切り取っても熱を放っている。チームをまとめ上げた李相日監督に、キャストたちとの撮影秘話をうかがった。

八王子の閑静な住宅地である夫婦が惨殺された事件を皮切りに、ミステリーは三重奏として展開していく。整形して逃走中の犯人らしき男が千葉・東京・沖縄という3つの場所で現れ、3人を取り巻く周りの人々が翻弄され葛藤していく。

役を演じるというよりも役として生きることを求められる李組。漁師役の渡辺謙はフォークリフトの資格を取り、自由なバックパッカー役の森山はたったひとり無人島で野宿し、同姓カップルを演じた妻夫木と綾野は同居生活を送ったりと各人が入念に準備をした。

「脚本を書くうえでいろんな人に取材をしたことを俳優さんに伝えます。ロケ場所の写真や資料を見せて『良かったら行ってみたら?』と提案したりします。僕の話で完結するよりも本人が直接行って、見て、聞いた方がいいですから。謙さんや妻夫木くんは何度もやっているのですっと動いてくれました。妻夫木くんは『悪人』以来でしたがさらに進化していて、役として仕上がるのが格段に早かったです」。

東京パートで妻夫木の相手役を務めたのが、犯人として疑われる住所不定の男を演じた綾野剛だ。「綾野くんは初めてでしたが、撮影期間が短い中でトップフォームでいてもらわなければいけなかった。お互いに探り合っている時間も少ないなかで、妻夫木くんがいい相棒として非常に助けになってくれました。綾野くんも真摯に対応してくれたので、撮影最終日には僕からは何も言わなかった気がします。その時は妻夫木くんとの空気感だけで成立するところまで到達できたんだと思いました」。

千葉パートで前歴不詳の犯人らしき男役を演じた松山ケンイチとも本作で初めて組んだ。「“怪しさ”とは何か、を話し合いました。雰囲気や見た目の怪しさもありますが、それ以上に人との距離間をすごく繊細に形にしてくれた気がします。謙さん扮する洋平と、愛子について話すシーンでは、田代の神経過敏な一面と心の内部に脆さを秘めている揺らぎを垣間見ることができました」。

沖縄パートでは無人島にこもる男・田中信吾役の森山未來と、オーディションで選ばれた広瀬すず、沖縄出身の新人・佐久本宝が主要な役どころを演じた。田中役は森山未來の一択だったと言う李監督は「歪んで見える瞬間と、その裏の透き通った魂を同時に感じさせる」と彼本来が持つ野性味と透明感にほれ込んだそうだ。

広瀬と佐久本については容赦無いスパルタぶりを見せた。「まだ若いから役に対して抽象的に言いすぎてもピンと来ないと思い、声の出し方や歩き方、動作だったりの実地訓練をしていきました。変な癖を矯正してどんどん削いでいった感じです。自信がないとどうしてもお芝居をしようとしてしまうけどそれは全部ダメで。演じる本人がキャラクターをいちばん深く理解してほしいので、そのためには自分がいままでどう生きてきたか、何をどう感じてきたかをキャラクターと共有するしかないんです。単純に言えば、いままででいちばん悲しかったことなどをもう一度自分のなかで掘り出して対峙し、感覚として表出することが必要だと思いました」。

とことん役者と向き合う李監督は「映画は俳優のもの」だと言い切る。そして「絶対に代えがきかない精鋭メンバー」という渡辺謙らキャスト陣は、そんな監督と共鳴し合えたからこそ『怒り』に付随して湧き上がるいろんな感情を放出できたのではないか。その結果、観終わった後でゆっくりと咀嚼し、余韻に浸りたい極上のドラマに仕上がった。【取材・文/山崎伸子】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)