『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作、邦題&公開日が決定!

『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作、邦題&公開日が決定!

今回公開されたタイトルの“最後の海賊”の意味とは?

ジョニー・デップ主演で大ヒットを記録した映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ。この度、最新作の邦題が『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』に決定し、2017年7月1日(土)に日本公開されることが明らかになった!

ディズニーランドの人気アトラクション「カリブの海賊」をモチーフにした本シリーズ。「カリブの海賊」に登場する、海賊船ブラック・パール号の船長にして、決して北を指さないコンパスを持つ伝説の海賊ジャック・スパロウの活躍を描き、一世を風靡したアクション・アドベンチャーだ。

これまでのシリーズに続き、主人公のジャック・スパロウを演じるのはもちろんジョニー・デップ。またカスピ海の王として知られる海賊ヘクター・バルボッサ役にオスカー俳優ジェフリー・ラッシュ、自らが海賊の息子だということを知らずに幼少時代を過ごしたウィル・ターナー役にはオーランド・ブルームら、シリーズおなじみのキャストが集結している。

さらに新キャストとして、『マレフィセント』(14)など話題作への出演が続く注目のイケメン俳優ブレントン・スウェイツ、物語の鍵を握る強く美しいヒロインに『メイズ・ランナー』シリーズで知られるカヤ・スコデラーリオが出演。そして『ノーカントリー』(07)、『007 スカイフォール』(12)での怪演が記憶に新しいハビエル・バルデムが、全海賊の滅亡を謀る悪役“海の死神”サラザールを演じる。

大ヒットシリーズの最新作にふさわしく、豪華キャストが名を連ねている本作。ストーリーの全貌は明かされていないが、タイトルの“最後の海賊”とは一体何を意味するのか、想像を膨らませて続報を待ちたい!【Movie Walker】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)