『ファンタビ』宣伝大使DAIGOによる“DAI語”「FBY」が世界共通語に!?

『ファンタビ』宣伝大使DAIGOによる“DAI語”「FBY」が世界共通語に!?

『ファンタビ』宣伝大使のDAIGOも登場する特別映像が到着

『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J.K.ローリングが、映画のために脚本を書き下ろした新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)から、宣伝大使を務めるDAIGOが作品を紹介する特別映像が到着した。

本作の主人公ニュート・スキャマンダーは、おっちょこちょいで人見知りの魔法使い。世界を旅する魔法動物学者でもある彼は、何でも入ってしまうという不思議なトランクに魔法動物をたくさん詰め込んでいた。ある日ニューヨークを訪れていたニュートは、ひょんなことがきっかけでトランクを人間のものと取り違えられてしまう。トランクの中から一斉に逃げ出した魔法動物によって大パニックに陥った街で、仲間と共に追跡をしていたニュートは、やがて人間界と魔法界をまたにかけた、大事件に巻き込まれていくのだった。

到着した映像には、『ハリー・ポッター』シリーズ全作を手掛けるプロデューサーのデイビッド・ヘイマンから、「きっと、この映画を盛り上げて日本中に魔法をかけてくれると信じています!FBY!ファンタスティック・ビースト・よろしく!WISH!」と“DAI語”を交えたメッセージも入っている。さらに魔法編、ビースト編、ニュート編からなる3つの映像を観れば、壮大な魔法の世界をより深く楽しめること間違いなし!

監督を務めたデイビッド・イェーツは「本作は『ハリー・ポッター』の大人版ではないよ。J.K.ローリングが描く魔法の世界の魅力や、人間性、遊び心が全てあるんだ。もっと興味深い領域に連れて行ってくれると思う」と自信に満ちたコメントを寄せており、ますます公開が待ちきれなくなってきた。【Movie Walker】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)