西内まりやと石田ニコルが語る、新「キューティーハニー」のセクシーなコスチューム

西内まりやと石田ニコルが語る、新「キューティーハニー」のセクシーなコスチューム

『CUTIE HONEY -TEARS-』で共演した西内まりやと石田ニコル

西内まりや演じる新世紀版「キューティーハニー」がスクリーンに降臨!ご存知、永井豪原作の同名人気コミックはこれまで何度もアニメ化や実写化がなされてきたが、今回は近未来を舞台した『CUTIE HONEY -TEARS-』として生まれ変わり、10月1日(土)に公開される。本作でヒロイン、如月瞳役を演じた西内と、最強のヒール、新型アンドロイド・ジル役を演じた石田ニコルにインタビュー。

AIに支配された近未来。富裕層の暮らす上層階と、貧困層の暮らす下層階に二分されている世界で暮らす美しいアンドロイド・如月瞳(西内まりや)は、ジャーナリストの早見青児(三浦貴大)と出会ったことにより、自らの命を懸けて人々のために宿敵ジルたちと戦っていく。

西内たちのスタイリッシュでセクシーなバトルスーツや、ファッションショーでまとうドレスの数々が男性だけではなく女性ファンの心をもときめかせる。西内演じるハニーのバトルスーツは手作りだそうだ。「このスーツを着ると強くなった気がして、背筋がピンと伸びます。バトルスーツはストレッチ性があるものとそうでないものの2パターンを作ってもらいました。ワイヤーが使えるようにチャックがついていたりするんですが、とても着心地が良かったです」。

ただ、西内はアンドロイドという設定上、相手が鋼鉄のロボットということで、現場では生傷が絶えなかったようだ。「リアルにアザがいっぱいできました。でも、ファッションショーのシーンではミニスカートやドレスもたくさん着たので、女性に見てほしいとも思いました」。

石田は衣装合わせの時に、コスチュームについてある提案をしたと言う。「自分のなかで漫画のジルのイメージがあったので、監督に『ここまで胸の部分を下げてもいいですか?』と聞いたら、『いいよ』とOKをいただけました。どうせ谷間を出すのであればちゃんと作ろうということで、衣装さんに協力してもらって、常に谷間ができているような衣装にしてもらいました。私もあの衣装を着てメイクをかちっとした状態にしてもらうと、ジルのスイッチが入ります」。

演じた役柄との共通点について聞くと、西内はハニーと同じくじっとしていられずにいつも走り回っているタイプだと言う。「でもハニーは強い正義感をもって、自分を犠牲にしてまで街を救おうとするんです。私もどちらかというと困っている人がいたら助けてあげたいと思うけど、果たしてハニーのようにできるかと言うとなんとも言えなくて。そういう意味では憧れの女性です。また、感情を持っているから少女のような泣き顔や笑顔を見せたりするし、弱い部分などは自分と重なるなと思います」。

石田は共通点を必死に探そうとうなる。「私はハーフなので、表情の喜怒哀楽がはっきりしていて、どちらかというとジルとは真逆な部分の方が多いですね。でも、ジルはすごく強いから、私も憧れているのかもしれない。また、部屋から出ないところは自分と似ています(笑)」。

劇中では「不完全だから強い」という言葉が連呼される。この言葉に西内は勇気づけられたそうだ。「私はいつも完璧になろうとしている方だったので、あの言葉は心に残りました。人は失敗しながら成長したり這い上がろうとしたりするし、それがパワーに変わるんだと、改めてこの映画で気付かされたんです。完全じゃなくていいんだというメッセージを受け取りました」。

石田は「普段の私は全く自分に自信が持てない」と胸の内を吐露する。「私はたくさん不安要素をもっているし、まず自分を誉めないんです。でもジルは最新鋭のアンドロイドだから、ハニーの不完全さを際立たせるためにも、完全に近い状態でいなければいけないと思いました。自分にない部分を一生懸命出さなくてはいけなかったので、けっこう大変でした」。美しくも儚い愛の戦士キューティーハニーと、陶器のように怜悧で見目麗しい宿敵ジル。この2人が並ぶだけでも画になるが、特にクライマックスのアクションシーンは、本作のハイライトとなる名シーンとなった。【取材・文/山崎伸子】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)