松田龍平、ヒット祈願でマイペースぶりを発揮「好きなものを断ちたくない」

松田龍平、ヒット祈願でマイペースぶりを発揮「好きなものを断ちたくない」

マイペースな松田龍平

松田龍平主演最新作『ぼくのおじさん』(11月3日公開)のヒット祈願イベントが、10月5日に小野照崎神社で開催され、松田龍平、真木よう子、戸次重幸、大西利空、山下敦弘監督が参加した。松田は「本当に素晴らしい映画ができたので、是非みなさんに観ていただきたいということでヒット祈願をさせてもらいました」と挨拶をした。

この神社は、無名時代の渥美清がお参りし、願掛けでタバコを断ってからすぐに『男はつらいよ』の主役を射止めたというエピソードで有名だ。そこでゲスト陣も、何かを断ってヒット祈願をすることに。ところが主演の松田は「願いを叶えるためには、それ相応の好きなものを絶たないといけない。でも、絶ちたくないというところに落ち着きました。つかず離れず良い距離感で」とやんわり拒否をする。

戸次はあきれた顔つきで、松田に「つまり何も断たないってことですか?じゃあ、私も断ちません。なんで主演が断たないのに僕が?」とツッコミを入れ、マスコミ陣は爆笑。松田は悪びれずに「でも、断とう思って決めていらしたんですよね」と聞くと、戸次は「渥美清さんに習ってタバコを断とうと思ったのですが」とコメント。

真木も「主演が断たなかったら断ちたくないですね。私もいろいろと用意してたんですが。最近大好きな……」と言いかけると「嫌だな。これがニュースとかになったら」と口ごもる。松田が「そういうのはやめて」とさえぎろうとしたが、真木は「最近、りゅうちぇるさんの真似をよくするので、それをやめようかな」と言って笑いを取った。

山下監督も「タバコでしょうね。僕も全然止める気ないので。でも、龍平くんがそういうなら止めた方がいいんですかね」と苦笑い。続いて大西が「大好きなお菓子とアイス。お菓子はグミしかあまり食べないからアイスを断とうと」と言うと、山下監督と戸次が「僕もお菓子とアイスを止めます」と便乗する。

松田は「どんどん主役の立場がなくなってきた。どうしようかな。じゃあ、僕はフルーツを断ちます。大好きなんですが」と宣言し、なんとか丸くおさまった。

『ぼくのおじさん』は、芥川賞作家・北杜夫の同名小説を、山下敦弘監督が映画化。居候のくせに勉強は教えてくれない、運動神経ゼロ、なにかにつけて屁理屈ばかりと、大人なのにどこか憎めないおじさん役を松田龍平が好演する。【取材・文/山崎伸子】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)