TAKAHIRO、登坂広臣の素顔を暴露!?「女好きは僕超えですから」

TAKAHIRO、登坂広臣の素顔を暴露!?「女好きは僕超えですから」

最強の兄弟を演じたTAKAHIRO&登坂にインタビュー!

EXILE TRIBEのメンバーが集結した「HiGH&LOW」プロジェクトの映画第2弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』(10月8日公開)で描かれるのは、シリーズ屈指の人気を誇る雨宮兄弟の物語。容姿端麗の最強の兄弟を演じているのが、第一線で活躍しているアーティストのTAKAHIRO&登坂広臣だ。

ドラマシリーズから映画第1弾にも登場していたものの、ベールに包まれていた雨宮兄弟。本作では、彼らの知られざる過去がついに明らかに!プロデューサー・HIROやメンバーたちの期待を背負いながら、満を持して公開となる今作に挑戦したTAKAHIRO&登坂の心境について話を聞いてみた。

「雨宮兄弟が中心の映画が、こんなに早く作られるとは夢にも思ってみなかった」と話すのは、雨宮兄弟の次男、雅貴を演じたTAKAHIRO。「これまで、雨宮兄弟って“出る出る詐欺”と言われていたんです(笑)。ドラマシリーズや映画第1弾にも少ししか登場しないし、何を考えているのか分からない謎めいたキャラクターなので。でもこれでやっと、“出る出る詐欺”と言われなくなるのかと思うとホッとしています(笑)」。

登坂自身も、雨宮兄弟の存在に疑問を感じていたようで、「僕もずっと『謎だな、あの兄弟』と思っていたんです。でもこの作品で、なぜ雨宮兄弟が行方不明の兄貴を探していたのかということが分かって、彼らがこれまでドラマや映画にあまり登場しなかった理由とか、色々納得できました」と、雨宮兄弟の謎が解けてスッキリしたようだ。

また知られざる過去が明かされる本作について「今まで観たことのない、雨宮兄弟の魅力が詰まっている」と語るTAKAHIRO。「これまでは、監督から『あまり感情を出さないように演じてください』と言われていたんです。けれど今回は、雨宮兄弟が感情剥き出しにしたり、実は悲しい過去を抱えていたりと、彼らの人間臭い、本当の魅力を伝えられると思います」。

一方、登坂は本作で雨宮兄弟のカッコ良さを再発見したという。「HIROさんやスタッフの方たちから、雨宮兄弟に絶対的なカッコ良さを求められていることはわかっていたんです。けれど今回、広斗が持っていないものを雅貴が持っていて、雅貴が持っていないものを広斗が持っているからこそ、2人で最高のカッコ良さを発揮できるんだということに改めて気づかされました」。

TAKAHIROと登坂をイメージして、あて書きされた台詞ということもあり、ありのままの姿で役に挑んだというTAKAHIROは、自らが演じた女好きで明るい雅貴について、「役に対して全く作り込んだものがなかったので、雅貴=僕だと思ってもらって大丈夫です。雅貴が女性の前でデレっとしてしまう姿も、素のまんまなんで(笑)」と打ち明ける。

登坂も「基本的に、僕も広斗に近い部分があります。だからすごく演じやすかった」というが、これに対し意義があるというTAKAHIROが、「広斗は女に興味ない感じに見えますけど、登坂は女性のことが大好きなので。そこだけは嘘をついていると思います(笑)」と告白。その隣で反論せずただ笑っている登坂と、「女好きは僕超えですから(笑)」と話し続けるTAKAHIRO、普段から仲が良いという2人の関係を垣間見た瞬間だった。

雨宮兄弟のようにお互いを信頼し、熟知しているTAKAHIROと登坂。そんな固い絆で結ばれた2人が演じているからこそ、雨宮兄弟のドラマに臨場感あふれる感動と興奮が生み出されているような気がした。【取材・文/トライワークス】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)