壇蜜が地獄体験を告白!「つき合っている人に土下座をしました」

壇蜜が地獄体験を告白!「つき合っている人に土下座をしました」

『インフェルノ』のイベントに登壇した壇蜜

『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、『天使と悪魔』(09)に続くトム・ハンクス主演の映画シリーズ第3弾『インフェルノ』(10月28日公開)で、トム・ハンクス演じる主人公ロバート・ラングドンの名を冠した「ラングドン・プレミアム・オーケストラ」というイベントが、10月17日に東京オペラシティで開催。新日本フィルハーモニー交響楽団が作品の世界観を音楽で再現し、ゲストとして壇蜜と、作家で博物学者の荒俣宏が登壇した。壇蜜は映画にちなみ、自身の地獄のような体験を告白し、会場の観客を驚かせた。

壇蜜は、ラングドン教授のように知的な男性は理想のタイプか?と質問されると「小説を読んでいても『何とかしてよ、ラングドン教授』と思うだけで、『素敵なラングドン様』とはならなかったです。ヒーローというか謎を解いてくれる先生のような存在で、尊敬できるんですが、(恋愛に)発展するには時間がかかりそう」と述べた。

荒俣は「分かる気がしますね」とうなずく。「この人頭良いなと思いますもんね。今回も死にそうな思いを何回することか。スピード感がハンパないです」と、一足先に『インフェルノ』の試写を観た感想を述べた。

続いて、壇蜜は自身の地獄のような体験談について「ここ初台で、前につき合っていた人に、なぜか土下座をするというイベントをやったことがあります。会う約束を仕事で反故にしてしまい、大げさに謝ったらどんなことが起きるかなと思って。何か新しい光があるんじゃないかと思ったら結局なくて、よけいに怒られました」と笑顔で語った。

『インフェルノ』では、トム・ハンクス演じる主人公・ラングドン教授が、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄インフェルノ篇>に秘められた暗号を読み取り、全世界を揺るがす大きな陰謀に挑む。監督はシリーズ全作品を手掛けるロン・ハワードで、『博士と彼女のセオリー』(14)のフェリシティ・ジョーンズがヒロインを務めた。【取材・文/山崎伸子】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)