開幕迫る第29回東京国際映画祭の豪華ゲストが続々決定!

開幕迫る第29回東京国際映画祭の豪華ゲストが続々決定!

オープニングとクロージング作品は実在した人物を描くヒューマンドラマ

10月25日(火)から開幕する第29回東京国際映画祭。アジア最大規模の本映画祭に参加する豪華ゲストが続々と決定している。

まず映画祭の顔、フェスティバルミューズとして主要オフィシャルイベントを盛り上げるのは『リップヴァンウィンクルの花嫁』(16)など話題作に次々出演し、大きな注目を集める女優・黒木華。そしてオープニング作品である『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(12月1日公開)のオスカー女優メリル・ストリープがレッドカーペットに登場!

日本映画をより強く世界へ発信していく企画の一つ、アニメーション特集は「映画監督 細田守の世界」。細田守監督、是枝裕和監督、堤大介監督、松嶋雅人によるトークショーが開催され、細田監督の魅力、20年にわたる創作の軌跡を辿る。一夜限りの歌舞伎座スペシャルナイトでは、尾上菊之助による女方の舞踊「鷺娘」を上演。昭和初期の無声映画『血煙高田の馬場』上映では現代版弁士として古舘伊知郎が喋り尽くす!

今年初となる3人の映画監督が「アジアで共に生きる」というテーマのもと、それぞれの視点で描く、「アジア三面鏡2016:リフレクションズ」には日本から参加した行定勲監督、俳優の津川雅彦と加藤雅也をはじめ、各国の監督とキャストが集結する。

また今年で3回目となり、革新的な映画を世界へ発信し続けてきた映画人の功績を称える“SAMURAI(サムライ)”賞を受賞した黒沢清監督も登場し、Q&Aや映画監督を目指す学生監督らを対象にしたトークイベントが行われる。

クロージング作品の『聖の青春』(11月19日公開)からは森義隆監督と主演の松山ケンイチ、東出昌大が参加して映画祭のラストを飾る。いよいよ開幕が近づいてきた東京国際映画祭に期待したい!【Movie Walker】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)