ナオトの新曲が『モンスト』主題歌に決定!「少年だった自分を重ねて歌詞書いた」

ナオトの新曲が『モンスト』主題歌に決定!「少年だった自分を重ねて歌詞書いた」

ナオト・インティライミが映画のために新曲「夢のありか」を書き下ろした

12月10日(土)に公開する『モンスターストライク THE MOVIE』の主題歌がナオト・インティライミ書き下ろしの新曲に決定した。

楽曲「夢のありか」は、壮大なメロディでありながら、どこか懐かしさを感じられる仕上がりになっている。ナオトは、2003年から1人で“世界一蹴”の旅に出て、趣味のサッカーを通じながら世界中の人たちと触れあい、幅広い交友関係を築いた人物。彼にオファーした鈴木洋平プロデューサーは「“友達や家族と楽しめるケタハズレな体験”を掲げるXFLAGスタジオらしい胸が高鳴るような大冒険と、本作のテーマである友情、この2つのイメージを兼ね備えるのはナオト・インティライミさん以外にいない」と考えたという。

ナオトは「この度は主題歌『夢のありか』を書き下ろさせていただき、大変光栄であります。『モンスターストライク THE MOVIE』は、少年たちが冒険を通じて成長していく物語。瑞々しい描写と壮大な世界観で描かれております。 僕も少年だったころ、毎日が発見と冒険の連続でした。なので主人公たちの心情に、少年時代の自分を重ね合わせながら歌詞を書いていきました。この曲によって映画の魅力を引き立てることができればうれしいです!」とナオトらしい、熱の込もったコメントを寄せている。

大人気スマホゲームの劇場版である本作は、「モンスト」が生み出されて間もない日本を舞台に、世界の支配を目論むモンスターや、邪悪な闘神に立ち向かう焔レンと仲間たちの冒険を描く。【Movie Walker】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)