「原作読んで涙した」……『君の膵臓をたべたい』映画化でキャストコメント

「原作読んで涙した」……『君の膵臓をたべたい』映画化でキャストコメント

「原作読んで涙した」……『君の膵臓をたべたい』映画化でキャストコメント

 住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)が2017年夏に映画化されることになった。
 『君の膵臓をたべたい』は2016年本屋大賞第2位、ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2015」第2位、2015年6月の発売以降60万部を突破したベストセラー小説だ。

 映画版『君の膵臓をたべたい』では、教師となった「僕」が、学生時代を回想するという、2つの時間軸が交差するつくりとなっており、現在と過去それぞれの視点で物語が語られれていく。

 高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに母校の教師となった「僕」。教え子・栗山と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく―。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(闘病日記)を偶然見つけたことから、僕と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子。彼女もまた、桜良と過ごした日々を思い出していた。12年のときを経て、桜良から「僕」と恭子に届く想いとは。

 今回の映画化決定に際してキャストからコメントが寄せられている。


浜辺美波(山内桜良 役)

「(オファーを頂いてから)驚きと一緒に、胸にたくさんの感情が溢れでてきて、本当に幸せだと感じています。(原作を読んで)「君の膵臓をたべたい」という言葉を聞いて想像するイメージをいい意味で全部覆されました。桜良ちゃんは、強くて強くて弱い子だと思います。そんな桜良ちゃんを思うと読んでいるうちに切なさと強い想いに涙がこぼれました。桜良ちゃんの元気のよさと強い想いを表せるよう精一杯頑張ります」。

北村匠海(僕)

「原作を読んで、純粋に感動して涙が出ました。(桜良と「僕」の)相手を思う距離感や思いの強さを美しく感じ、誰かを必要とすることは、こんなに素敵なことなんだなと思いました。今回演じる「僕」は、自分の領域を持っている孤独な子なんですが、(桜良と出会ってから)どんどん変わっていっていくので、その姿をお芝居で表現できるよう真剣に取り組んでいきたいと思います。月川監督、スタッフの皆さんと共に、僕達の芝居で心に残る映画を作っていきたいです」。

北川景子(恭子役)

「『君の膵臓をたべたい』のお話をいただいたときはタイトルのインパクトに驚きました。私は学生の頃、大切な親友を失った女性の役を演じます。監督、小栗さんとも初めてなので現場がとても楽しみです」。

小栗旬(現在の「僕」)

「原作の純粋さと儚さに心が潤されました。オファーをうけ、登場しないはずの人物なので正直驚きましたが、制作チームが紡いだ新たな脚本に新たな覚悟を感じ、出演させていただくことにしました。来年、きっと皆様の心を満たす素晴らしい作品が出来上がることを楽しみにして頂けたら、幸せです。若い二人の純粋さとエネルギーを壊さずにバトンを受け取り、作品の一つのピースとなれるよう頑張ります」

関連記事(外部サイト)