大島優子と大竹しのぶ、理想の男性はケンブリッジ飛鳥!「全部がいい!!」

大島優子と大竹しのぶ、理想の男性はケンブリッジ飛鳥!「全部がいい!!」

大島優子と大竹しのぶ、理想の男性はケンブリッジ飛鳥!「全部がいい!!」

 映画『真田十勇士』の22日全国公開を控え、女性キャストである、くノ一・火垂役の大島優子、淀殿を演じる大竹しのぶが登壇し、真田女子会トークイベントが開催された。

 大島は「時代劇ってすごいなって思いました。セットが凄いんです。初めてこんなに大きなセットを組んでいる現場をみて、すごいお金かかってるなって。日本映画でも合成や技術を駆使してる映画はたくさんありますが、その技術をふんだんに使って、役者と技術とスタッフと堤さんの知恵、すべてを使っている映画だなと思いました」と感想を述べた。大竹は「大阪夏の陣・冬の陣の合戦シーンでは、本当に大変だったんだなと役者やスタッフの苦労を想うと、それだけで感動しました」と振り返った。

 撮影は極寒の中で行われたが、「くノ一なので軽装なんです。雪が降りそうなマイナス3度の中で撮影をしていたので、寒さはきつかったです。特に一番寒い場所と言われている御殿場での撮影だったんです」と大島。大竹は「セットは寒かったのですが、私は部屋で命令を下すだけで、苦労してないんです」と、他キャストに比べて苦労知らずなエピソードを披露して会場を笑い飛ばした。

 十勇士は個性的なキャラクターで、イケメン揃い!理想のタイプを聞くと、大竹は「やっぱり、松坂くん!かっこいいし、ベラベしゃべらない」と即答。大島は「佐助かな。勘九郎さん。喜怒哀楽があって、人間らしい」というと、「才蔵が好きな役なんだよ」と松坂押しの大竹がすかさずツッコむと、大島は「それは火垂が!」、大竹「ひど〜い!」という掛け合いに。十勇士以外では?という質問には「せ〜の!ケンブリッジさん」と声を揃え、「全部がいい!」「体格もいいし、さわやかだし、将来性もあるし」と、女子トークに華を咲かせていた。

関連記事(外部サイト)