プロコスプレイヤー・えなこ、驚きの経済事情を赤裸々に明かす

プロコスプレイヤー・えなこ、驚きの経済事情を赤裸々に明かす

プロコスプレイヤー・えなこ、驚きの経済事情を赤裸々に明かす

 今や世界規模で広まっているコスプレ文化。14日の「ナカイの窓」(日本テレビ)にプロコスプレイヤーのえなこが出演し、「コスプレで生計を立ててる」経済事情を明かした。

 Twitterのフォロワー数が19万人を数え、コスプレ界で現在最も人気があると言われているコスプレイヤーであるえなこ。中居正広が思わず「エロい感じの…」と感想を漏らした胸元が露わになったオリジナルのベビードール姿で登場。コスプレを始めたきっかけについて「アニメが好きすぎて3次元にもいたらいいなと思って、3次元にも表現してみようと」と語った。

 「日本でプロで(コスプレを)やってる人は何人くらい?」と聞かれ、「ピンキリだけど、私くらいのレベルの方は他にいないんじゃないですかね」と答えたえなこは、月収を聞かれるとさらっと「月100万円以上は」と明かし、スタジオを驚ろかせた。

 コスプレの衣装は基本自費であり、「自分で衣装を作ることもあるけれど、プロの方にオーダーすると高い衣装だと1着100万円弱かかったり、武器とかも頼むと15万〜20万またかかる」と衣装の高さを憂えたえなこだったが、コミケでは2日間で1000万円の売り上げがあることも明かし、スタジオの他のオタクゲスト達から「半端ない!」と崇められた。えなこから飛び出す具体的な数字は、改めてコスプレ文化の盛り上がりを感じさせた。

関連記事(外部サイト)