あの『昼顔』が映画化!ドラマに引き続き上戸彩と齋藤工

あの『昼顔』が映画化!ドラマに引き続き上戸彩と齋藤工

あの『昼顔』が映画化!ドラマに引き続き上戸彩と齋藤工

 上戸彩と齋藤工が出演した連続ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』は2014年にオンエアされ大ヒットとなった。そのドラマが2017年夏に映画化されることがわかった。

 あれから3年、紗和(上戸彩)は海辺の町で慎ましく一人で暮らしていた。その町に偶然講演のため訪れた北野(齋藤工)。それを知った紗和は想いを抑える事が出来ず、秘かに会場に向かう。運命のいたずらにより再会してしまった、会ってはいけない二人。3年前に交わした愛が忘れられず二人は逢瀬を重ねていくのだが……。

 ドラマと同様、紗和は上戸彩が、北野は齋藤工が演じる。ドラマ版では紗和、北野それぞれに夫、妻がいるにも関わらず不倫関係に陥り、本気の恋愛に発展していった。しかしそれが明るみに出てしまい、弁護士も交えた示談の上、別れざるを得なくなった。紗和は結局夫と離婚し、一人に。そして北野は離婚しない意志を持つ妻とともに遠く離れた場所に引っ越しを。映画版ではそんな二人が数奇な運命の下、遠く離れた海辺の町で出会ってしまうところから始まる。

 映画化にあたって上戸彩は「この「昼顔」は私の中でも新境地を開けた作品だと思いますし、映画「昼顔」ではもうひと踏ん張りして、皆さんにもう一歩新しい「上戸彩」を見ていただけるように、そしてまわりの方々に代表作として認めていただけるように頑張っていきたいなと思います」。齋藤工は{ドラマの方は色々なとらえ方ができる終わり方だったのですが、映画の台本を読んで、ラストについてはその衝撃をいまだに受け止めきれずにいます。2年前のドラマからこの期間を空けるという意味が、きちんと台本に落とし込まれていたのが素晴らしいと思いました」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)