バカリズム脚本ドラマ、広末涼子、井川遙、斉藤由貴の豪華三大女優出演

バカリズム脚本ドラマ、広末涼子、井川遙、斉藤由貴の豪華三大女優出演

バカリズム脚本ドラマ、広末涼子、井川遙、斉藤由貴の豪華三大女優出演

 10月10日午後9時から『かもしれない女優たち2016』(フジテレビ)が放送予定だ。主演は広末涼子、井川遥、斉藤由貴の豪華三女優。 脚本を手がけるのは、『素敵な選TAXI』(関西テレビ)で脚本家デビューし「第三回市川森一脚本賞」を受賞した芸人・バカリズム。

 今作は、主人公の三女優たちが、「全く売れなかった」という人生の中、健気に生きるどん底の生活、そこからの大逆転を描く物語だ。

 ドラマ『ビーチボーイズ』(1997年)が女優人生のターニングポイントだったという広末涼子は、「あのとき『ビーチボーイズ』に出演してなかったら?」という設定で、女優への道を諦めきれず、ハウスキーピングなどのバイトをして食いつなぐ三十代半ばの売れない女優・広末涼子という役。イケメンとの新婚生活を妄想したり、同い年の売れてる女優・竹内結子に嫉妬したり……とひとり苦労しながらも、持ち前のパキパキとした前向きな性格と、綺麗好きの性分でハウスキーピングの仕事に精を出す日々を送っている。

 一方、写真集「グッドバイブレーション」が映画出演のきっかけとなったという井川遥は、「あのとき写真集を出してなかったら」という設定で、忘れられた 癒し系モデルとして芽が出ないまま、アラフォーで無謀にも女優への転身を図っている井川遥という役。ひょんなことから藤木直人と付き合い、小さな幸せをかみ締めつつも、なかなか進展しない恋人関係にしびれを切らし始め……。癒し系の井川のイメージを逆手に取った暴言がバンバン登場するという。

 そして『スケバン刑事』(1985年)が女優への道のきっかけとなったという斉藤由貴は、清純派アイドルのイメージを壊すのが怖くてスケバンの道を進まず、そのまま一発屋アイドルで終わってしまった斉藤由貴という役。好奇心旺盛な性格で、10代の青春を取り戻すべく大学に通い、20歳前後の若者に混じって合コンに参加したりしている。物理学を専攻し、リケジョとして本当の「卒業」を目指す。また、夜はバーのママとして、売れてる女優・夏帆も常連客として来るような人気店の経営もしている。

関連記事(外部サイト)