岡副麻希、「オーラが見える」!?西川史子は「オーラがバツ」とバッサリ

岡副麻希、「オーラが見える」!?西川史子は「オーラがバツ」とバッサリ

西川史子【撮影:田中】

 「黒すぎる女子アナ」として人気のフリーアナウンサー岡副麻希が4日の「さんま御殿3時間スペシャル」(日本テレビ)に出演。自由すぎる発言がしばしば話題になる岡副が共演の西川史子に「オーラがバツ」と指摘する一幕があった。

 「オーラが見えるんですよ」と突然告白し、「丸いオーラの男性に『ありがとう』って言われるとキュンとしちゃう」という岡副に、共演者たちは「何言ってるんですか?」「丸いオーラって何?」と疑問を口にした。岡副は、おもむろにカメラマンを指して「(オーラが)三角」、別のスタッフを指して「丸」であると言い、「さんまさんも丸です。(オーラが)とげとげしい方はちょっと恐いなって思う」とオーラが形で見えることを語った。

 さんまが他の共演者のオーラを尋ねると、おかずクラブの2人は「丸」、くわばたりえは「超丸」、三原じゅん子は「台形。出来すぎちゃって畏れ多いから」、菊間千乃は「お母さんみたいなオーラで丸」と次々答えた岡副だが、さんまが「西川は?」と問うと、言いにくそうに小声で「バツ…」と答えた。

 その答えにさんまは爆笑。スタジオが騒然とする中、西川は「バツ…?」と目を丸くし唖然としたが、さらに岡副は「西川先生は『ごめんなさい』とか『ありがとう』とか似合わない。バツは珍しいんですけど」とバッサリ。西川は苦笑しながらしばらく呆然となった後、「オーラなんか信じてませんから!」とぶちギレた。

関連記事(外部サイト)