「ジェイソンやフレディの要素を詰め込んだ」 殺人鬼との“体の入れ替わり”描く爽快ホラーコメディ『ザ・スイッチ』特別映像[ホラー通信]

『ハッピー・デス・デイ』のクリストファー・ランドン監督による“入れ替わり”ホラー『ザ・スイッチ』が、新型コロナウイルス流行の影響による延期を経て、4月9日にいよいよ公開。特別映像が解禁となった。

中年の殺人鬼ブッチャー(男)と冴えない高校生ミリー(女)の体が入れ替わってしまう本作。解禁となった映像では、キャストや監督が本作を語る様子と、刺激的でユーモラスな本編映像が詰め込まれている。


動画が表示されない方はこちら

ミリー役を演じたキャスリン・ニュートンは、本作を「ハチャメチャな映画」「最高に楽しい」と表現。ブッチャー役ヴィンス・ヴォーンは、“ボディ・スワップ”ジャンルにスラッシャーを融合したユニークな本作を「捻りが効いていて面白い」と評する。ランドン監督は、ブッチャーというキャラクターについて、ホラー映画のアイコニックな殺人鬼たちを引き合いに出し、「ジェイソンやフレディ、マイケル・マイヤーズの要素を詰め込んだ典型的な殺人マシーン。だから面白い」と自信を見せる。

散りばめられた本編映像では、ブッチャーのバリエーション豊かな殺戮シーンが見どころ。また、ミリーの親友のひとりで、ミーシャ・オシェロヴィッチ演じるジョシュの登場シーンも多数盛り込まれており、キュートな存在感を放っている。映像の最後を締めくくる、初めて立ちションをエンジョイするミリー(体は中年殺人鬼)のシーンは爆笑必至。演じているヴィンス・ヴォーンのノリノリっぷりもお分かりいただけるだろう。アレをペチペチさせるんじゃあないよ!

『ザ・スイッチ』
2021年4月9日(金)全国公開