『Mr.ノーバディ』『アオラレ』『ザ・ファブル』2021年初夏公開の”実はヤバイやつ”映画たち

「ジョン・ウィック」シリーズの生みの親、脚本家デレク・コルスタッドと全編主人公目線のカメラワークで展開する挑戦的な演出で話題となった『ハードコア』のイリヤ・ナイシュラー監督が新たにタッグ。様々なストレスを抱えながら生きる人々に捧げる、デトックスにピッタリ!痛快!ハードボイルド・アクション大作!『Mr.ノーバディ』が、6月11日(金)より日本公開となります。

仕事では過小評価され、家庭ではリスペクトできない父親として扱われるなど、人生の苦難をぐっと受け止めながら生きる、地味で平凡な“何者でもないただの男(NOBODY)”が主人公。そんなハッチを演じたのは、海外ドラマファンから高評価「ベター・コール・ソウル」の主役ソウル・グッドマンでゴールデン・グローブ賞と過去4度のエミー賞にノミネートされ、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』、『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』などでも俳優として活躍している“Mr.おでん”ことボブ・オデンカーク。共演には、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの”ドク”ことエメット・ブラウン博士役でも知られるベテラン俳優クリストファー・ロイド、100の顔を持つ名優、『トップガン』、『トータル・リコール』のマイケル・アイアンサイド、『グラディエーター』『ワンダーウーマン』の名女優コニー・ニールセンら一筋縄ではいかない多彩な往年の名優が集結!

『Mr.ノーバディ』、『アオラレ』、『ザ・ファブル』普通の生活に潜み、人知れず暮らす、地味な男たちがド派手に暴れる! この夏にオススメの”実はヤバイやつ”映画3選を解説します!

◆「ジョン・ウィック」シリーズ脚本家がストレス社会に捧げる痛快!ハードボイルド・アクション
『Mr.ノーバディ』(6月11日公開)

妻や息子からも相手にされないダメな父親で、ひたすらに地味で目立たない主人公ハッチが、ある日、バスに乗り込んできたチンピラに「ジジイ」呼ばわりされたことでブチ切れ、大乱闘となり、のちにロシアンマフィアを巻き込んでの、銃撃戦、カーチェイスに!ハッチを演じたのは、伝説的ドラマ「ブレイキング・バッド」のスピンオフ「ベター・コール・ソウル」に主演し、ゴールデン・グローブ賞と4度のエミー賞にノミネートされ、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』などに出演の“Mr.おでん”ことボブ・オデンカーク。自宅に2度も侵入された自身のトラウマ体験に基づき、危機的状況でも波風を立たせず、平凡な男であろうとしたボブ自身の自問自答とトラウマを映画でリベンジするという探究心が、かつてない快作を生み出した。ただのオヤジがド派手に覚醒した姿をぜひ劇場の大スクリーンで体感してほしい。『ジョン・ウィック』ファン&爽快スタントファン必見のハードボイルド・アクション!

(C)2021 Universal Pictures

◆ラッセル・クロウが史上最悪のあおり魔を演じる、ノンストップ・アクションスリラー!!
『アオラレ』(5月28日公開)

全ドライバーの83.1%が経験しているといわれる“あおり運転”。ある日、子供を送り届けるため車を走らせるシングルマザーが、見知らぬ“男”と信号で言い合いになってしまう。そのささいな小競り合いから、想像もしていなかった恐怖に巻き込まれ、男は常軌を逸した行動で追い詰めていく…。果たして、その“男”の【アオリ】から逃げ切ることが出来るのか!?あおり運転常習犯を『グラディエーター』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラッセル・クロウが怪演。被害者となるレイチェルを、『移動都市 モータル・エンジン』などに出演したカレン・ピストリアスが演じた。監督は『レッド・バレッツ』『幸せでおカネが買えるワケ』のデリック・ボルテ。ロックダウン後、世界中でNO.1ヒットを記録したノンストップ・アクションスリラーであり、決して海の向こうの遠い話ではなく、日本で暮らす誰しもが遭遇しかねないヒリヒリ体験が待ち受ける!

(C)2021 SOLSTICE STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

◆南勝久の人気コミックを岡田准一主演で実写映画化した「ザ・ファブル」のシリーズ第2作!!
『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(6月18日公開)

前作に引き続き出演する豪華キャストと、新たに参戦するキャストが入り乱れ、前作を超えるアクションと笑い、そして衝撃のラストが待ち受けるアドレナリン全開の超大作。南勝久原作の人気コミックを岡田准一主演で実写映画化。木村文乃、佐藤浩市ら前作からのキャストに加え、宇津帆役の堤真一、ヒナコ役の平手友梨奈、殺し屋・鈴木役の安藤政信が新たに参加。前作に続き江口カンが監督を務めた。
どんな相手も6秒以内に仕留める、伝説の殺し屋“ファブル”。ある日、育ての親であるボスから、1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活するよう命じられ「佐藤アキラ」という偽名と、相棒ヨウコと兄妹という設定を与えられ一般人として暮らしている。一見平和に見える街では、表向きはNPO団体代表だが裏では緻密な計画で若者から金を巻き上げ殺害する危険な男・宇津帆が暗躍していた。かつてファブルに弟を殺された宇津帆は、凄腕の殺し屋とともに、復讐を果たすべく動き出す……。あなたが日々何気なくすれ違っている男も、もしかしたらとんでもない過去と腕を持ち合わせているヤバイやつかもしれない…!

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

関連記事(外部サイト)