映画『トゥモロー・ウォー』日本語吹替の山寺宏一に聞く「絶体絶命の状況でも、クリス・プラットの軽やかさが随所に現れている」

Amazon Prime Videoにて、 2021年7月2日(金)より240を超える国と地域で独占配信となる映画『トゥモロー・ウォー』。クリス・プラットが主演を務める、現在と未来(2051年)を舞台に、地球を脅かす未知のエイリアンとの戦争を描いたSFアクションです。

【ストーリー】ある日、2051年からタイムトラベラーグループが現代に突然現れ、世界が驚愕するほどの緊急メッセージを人々に伝える。 それは30年後に人類は恐ろしい未知の生物と戦うことになり、世界はその戦争に負けて人類は消滅する、という衝撃的な内容だった。人類が生き残るための唯一の希望は、現代を生きる民間人と兵士を未来に送り、戦いに参加すること。そして、物語の主人公であるダン・フォレスター(クリス・プラット)は未来への戦いに参加する一人として選ばれることに。高校の教師であり一人の父親でもあるダンは、まだ幼い娘のために世界を救おうと決心し、優秀な科学者(イヴォンヌ・ストラホフスキー)と疎遠になっていた父親(J・K・シモンズ)と 協力しながら地球の運命を書き直すための戦いに参加する。

本作でクリス・プラット演じるダンの日本語吹替を担当しているのが、山寺宏一さん。映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『アベンジャーズ/エンドゲーム』以来、再びのタッグとなります! 山寺さんに吹替で意識した点や本作の魅力を伺いました。

――クリス・プラットさん演じるダンの日本語吹替を、山寺宏一さんが担当されるという事で、ファンの方も待望だと思います!

山寺:ありがたいですね。クリス・プラットはたくさんの作品に出ていますけど、声のお仕事はキャスティングしていただかない限りは頑張れないので。もしこれで担当が違う人だったら、「面白そうな映画だけど、絶対観るもんか!」って、素晴らしいエンターテイメントを1本見逃していたかもしれないので(笑)、本当に自分が担当出来て良かったです。

――山寺さんはたくさんの俳優さんの吹替を担当されていますが、クリス・プラットさんも印象的ですよね。

山寺:クリス・プラットはすごく魅力的な俳優で、僕自身も『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』での吹替をきかっけに大ファンになりました。彼がどの様にこの「ダン」という役柄を演じているのかをしっかり観て、声をあてようと思いました。

ダンは『ガーディアンズ〜』のスターロードと違って、現代を生きていて、元兵士で今は学校の先生をやっていて、妻と娘がいる男性。娘との絆も深く描かれているので、娘に対する表情とか言葉の伝え方とか、そういう部分を汲み取らないといけないなと意識しました。

――家族とのシーンは私もすごく好きです。

山寺:あとは父親との確執。J.Kシモンズ演じるダンの父とは、本当に大変なシーンがあって。演じがいがありました。そういえば、クリス・プラットは『ガーディアンズ〜』でも父親と色々ありましたよね(笑)。

――シリアスな展開と、クリス・プラットさんの存在感が絶妙にマッチしているなあと思いました。

山寺:おっしゃる通り、シリアスなシーンが多いし、絶体絶命な危機の中で人類を救うという設定で、エイリアンもとてつもなく恐ろしいんですよね。でもその中に、クリス・プラットの持っている軽やかさだったり、ユーモアのセンスというのは随所随所に現れていて。ハリウッドや世界中で大人気の彼の魅力というのはそういう所にあるんだなと思いました。

――(笑)。本作をご覧になって山寺さんの時にお好きなシーンを教えてください。

山寺:ネタバレになるので言えないのですが…たくさんあるんです。リハーサルの時点でどうやって演じようと思ったくらいの大迫力なシーンもありました。面白い映画には必ず“伏線”があると思うのですが、この映画にも「まさか!」「こうなるのか!」っていう展開がたくさんあります。ダンも、もちろん活躍しているのですが、他のキャラクターも、一般の市民の皆さんも頑張っていて。そういうシーンにも注目していただきたいです。

――山寺さんは、普段プライベートでも「Amazon Prime Video」をご覧になりますか?

山寺:もちろん観ていますし、関わらせていただいた作品もたくさんあります。三谷幸喜さんの『誰かが見ている』なども声で出演させてもらって。オリジナルでこういう作品作れるんだ、すごいなと、自分が関わっていながらも楽しく拝見しました。『星の王子様ニューヨークに行く2』も、まさか30年以上経って、またエディ・マーフィの吹替を担当させていただくと思わなかったので。「Amazon Prime Video」って過去作品を観るのに便利だな、と思っていたのが、どんどんオリジナル作品が登場して。すごい時代ですよね。

――ご自宅で映像作品をご覧になる時に、環境などこだわっていることはありますか?

山寺:これは自慢なのですが、我が家のテレビがすごく大きいので綺麗に観れます。あとは部屋は必ず暗くします。昼間もカーテンを閉めて。夜にお酒を飲みながら観る時は、何度も取りに行かなくてもいいようにテーブルに何本も準備しておいたり。例えば白ワインを飲む時なら、氷無しで冷やし続けてくれる便利なクーラーもあるんです。そうやって色々と楽しんでいます。

――『トゥモロー・ウォー』の様な大作がお家で楽しめるのって贅沢ですよね。

山寺:本当ですね。出来る限り大きな音で楽しんでいただきたいので、ご近所さんが気になる方はヘッドホンを使うのも良いのではないでしょうか。「ホワイトスパイク」というエイリアンが出てくるシーンの迫力が、とにかくすごいので。

地球が危機に陥る作品はこれまでにもたくさんありましたが、「人類の危機映画」というジャンルの中で、間違いなく映画史に残る傑作になっていると思います。大迫力の戦闘はもちろん、親子の絆をしっかり描いたドラマシーンが見どころです。「希望」というものが、人間にとってどれだけ必要なのかを教えてくれました。ぜひ楽しみにしていてください!

――今日は素敵なお話をどうもありがとうございました!

『トゥモロー・ウォー』AmazonPrime Videoで独占配信開始!
https://www.amazon.co.jp/トゥモロー・ウォー-クリス・プラット/dp/B095KT69ZN [リンク]

関連リンク:『星の王子 ニューヨークへ行く 2』配信中
https://www.amazon.co.jp/星の王子-ニューヨークへ行く-2-エディ・マーフィ/dp/B08XK6X4VD/

(C)2021 SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事(外部サイト)