「ドラゴン桜」で注目の志田彩良が監督業への興味明かす 「共演した細田佳央太くん、鈴鹿央士くんと3人で、いつか共同で作りたいと思っています」

今年、TBS日曜劇場の「ドラゴン桜」の好演で注目を集めた志田彩良さんが、人気作家の窪美澄さんによる短編集の一篇を映像化した映画『かそけきサンカヨウ』に主演しました。恋愛映画の旗手、今泉力哉が描く現代の「父と娘」、そして「家族」の姿を映し出す静かで力強い物語で、志田さんは幼い頃に母と別れ、早くに大人にならざるを得なかった少女・陽の成長の過程を、細やかな表現力で体現しています。その志田さんに撮影中のこと、俳優としてのこれからのことなどをうかがいました。

■公式サイト:https://kasokeki-movie.com/ [リンク]

●原作もある作品ですが、最初に脚本を読まれた時の感想はいかがでしたか?

脚本をいただく前に原作を先に読ませて頂き、その時にとても温かい作品だと思いました。国木田陽は強くて真っすぐで、でも弱い部分もあり、そういった弱さまでもが愛しいかわいい女の子だと感じたので、脚本をいただいた時には素敵な女の子を演じられることがうれしかったですし、窪美澄さんの原作に今泉力哉監督の色がさらに加わって、とても素敵なものになっていたので撮影が楽しみでした。

●役柄を演じる上では、どういう工夫をしたのですか?

原作の彼女は少し大人びていて、強く前に進んでいく女の子という印象を持たれるかもしれませんが、実はちょっとした言葉で傷ついたり、ちょっとしたことでうれしくなったり、とても繊細なところもある女の子でもあります。とても愛おしいなと感じたので、その繊細な部分をわたしなりに表現できたらなと思いました。

●井浦新さんとは親子の関係でしたが、共演の感想はいかがですか?

井浦さんが出演している作品を拝見するたびに、本当に素敵な俳優さんだなと思っていました。尊敬する俳優さんのおひとりであり、いつかご一緒したいと思っていたので、今作で共演させていただき本当にうれしかったです。陽の父親として助けていただいたところがたくさんあるのですが、先輩としても現場で声をかけてくださったり、本当に感謝しています。

●どういう会話をされましたか?

カメラが回っていない時は、たわいもない話をよくしていました。また、今回撮影の前半で家族のシーンを撮り、後半で友人たちとのシーンを撮ったのですが、前半最後の家族のシーンを撮り終えた時に、井浦さんが「ここまでで陽の芯の部分はしっかり見伝わったと思うから、明日からの友人たちとのシーンは学生時代を思い出して純粋に、楽しんできてね」とアドバイスを頂き、その言葉には本当に救われました。

それまでは明日からの友人たちの中にいる陽をどうやって演じたらいいのか、撮影現場でどうしようかと悩んでいたので、井浦さんのその言葉のおかげで肩の力が抜け、後半は陽らしく楽しむことができました。井浦さんの優しいお言葉に、ものすごく救われました。

●俳優として活躍の日々だと思いましたが、今ご自身が思う課題や伸ばしたいところはありますか?

自分の表情のお芝居に納得していないので、色んな作品を観て学んだり、普段の生活の中で、とても悲しくて涙が出てしまった時、自分が泣いている姿を鏡で見て、その時に表情を確認したりと、表情について意識するように心がけています。

●冷静ですね!

悲しいことがあって泣いていても、なんでもすぐお芝居に結びつけてしまって、「この気持ちはお芝居にいかせるかも」といつも思っています。あまり意識しているわけではないのですが、悲しく悔しいことがあると自然とそういう気持ちになります。お芝居にこの感情がいかせそうだなと常に思っているので無意識に考えていますね。

●余談ですが、「ドラゴン桜」の時、目の奥に陰を感じて、家庭に問題がありそうな学生を表現されていたと思いましたよ。

そんな風に思っていただきありがとうございます。実は「ドラゴン桜」のオーディションの時にも「自分の課題は何だと思いますか?」とプロデューサーの方から同じ質問を受けまして、わたしは表情のお芝居が苦手で、そこを直したいと言ったことがあります。その時に「もうちょっと目を意識してみるといいかもしれない」とアドバイスを頂いたおかげで、撮影現場でいかせたかなと思っています。

●モデル、俳優のほか、たとえば監督、脚本など、クリエイティブな仕事に興味はありますか?

監督業に興味があります。「ドラゴン桜」で共演した細田佳央太くん、鈴鹿央士くんと3人でよく話をしていて、いつか3人で共同で作りたいと思っています。

●それは楽しみですね!

具体的なことは何も決めてませんが、監督がカメラを回したり、照明を当てたりと、技術さんの仕事を自ら行い、「みんなで0から映画を作りたいよね」という話は3人でよくしています。

●どういう作品を撮るのですか?

描きたいテーマが決まっているわけではないのですが、日常生活の中で、自分が経験したことについて、これは映画で描きたいなと思うことがあればメモするようにしています。そして、みんなで意見交換をして、「こういうシーンを撮りたいけれどどう思う?」みたいな話をしています。3人でいつかひとつの作品を撮りたいです。

●最後になりますが、映画を待っている方へメッセージをお願いいたします!

今は映画館に行くことも勇気がいるご時世ですけれど、そういう時代だからこそ伝えたい、伝えるべき作品だなとも感じていて、人を思いやる気持ちだったり、当たり前のことに気づいていただけたらと思います。今はコロナ禍で直接、自分の気持ちを伝えることが少なくなってきていて、SNSが生活の一部になっていると思います。友人同士でも、会わなくても成立してきている。そういったことが当たり前になりつつありますが、直接伝えるからこそ、その場の空気や、自分の伝えたいことが伝えられると思うので、そういった当たり前のことに気づいて、誰かに優しくしたい気持ちになっていただけたらと思います。

■ストーリー

幼い頃に母が家を出て、ひとりで暮らしを整えられるようになっていった陽は、帰宅してすぐに台所に立ち、父とふたり分の夕飯の支度にとりかかるのが日課だ。

ある夜、父が思いがけないことを陽に告げる。「恋人ができた。その人と結婚しようと思う」

ふたり暮らしは終わりを告げ、父の再婚相手である美子とその連れ子の4歳のひなたと、4人家族の新たな暮らしが始まる。新しい暮らしへの戸惑いを同じ高校の美術部に所属する幼なじみの陸に打ち明ける陽。実の母・佐千代への想いを募らせていた陽は、それが母であることは伏せたまま、画家である佐千代の個展に陸と一緒に行く約束をするが・・・。

公開中

(執筆者: ときたたかし)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?