ロシア国営テレビの生放送中に「戦争反対(NO WAR)」と訴えるテレビ局職員 →3万ルーブルの罰金刑が課せられる

3月14日、ロシアの国営テレビ「チャンネル1」が夜のニュース番組を生放送している最中、テレビ局職員が「戦争反対(NO WAR)」と書かれたプラカードを掲げて乱入するというハプニングが発生しました。


https://twitter.com/christogrozev/status/1503446891014537222

乱入したのはチャンネル1職員のマリーナ・オフシャンニコワさん。プラカードにはロシア語でも「戦争はやめて。プロパガンダを信じちゃダメ」などと書かれています。

その後、オフシャンニコワさんは警察に連行され取り調べを受けたということです。


https://twitter.com/mysteriouskat/status/1503472512629284864

こちらはオフシャンニコワさんが事前に準備していたと言われている映像です。

この映像の中でオフシャンニコワさんは、ウクライナで今起きていることは犯罪、ロシアが侵略者、ウラジーミル・プーチン大統領がこの犯罪の責任を負う、父はウクライナ人で母はロシア人、ネックレスは平和のシンボル、仕事とはいえクレムリン(ロシア大統領府)のプロパガンダに協力していたことが恥ずかしい、といった内容を語っています。


https://twitter.com/SenSanders/status/1503504857449353226


https://twitter.com/ReutersJapan/status/1503886790813384707

アメリカのバーニー・サンダース上院議員やウクライナのゼレンスキー大統領などを筆頭に、西側諸国の多くの人がオフシャンニコワさんの行動を称賛しています。


https://twitter.com/maryilyushina/status/1503732743737384964

米ワシントン・ポスト紙によれば、オフシャンニコワさんは裁判にかけられ、3万ルーブルの罰金刑が課せられたということです。


https://twitter.com/maryilyushina/status/1503772259206549508?

裁判終了後、弁護士と共に現地メディアの取材に対応するオフシャンニコワさんの映像。この映像の中で彼女は、2日間寝ていない、14時間も質問攻めにあった、疲れ果てているなどと語っています。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/christogrozev/status/1503446891014537222

※ソース:
https://www.washingtonpost.com/world/2022/03/15/marina-ovsyannikova-ukraine-russia-television-protester/

(執筆者: 6PAC)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?