「どういう人かを踏まえながら、彼女の成長の次の段階を考えた」サム・ライミ監督が語るストレンジとワンダのパワー

「スパイダーマン」のサム・ライみ監督が贈る時間・空間の概念を超えた超感覚ファンタジック・アクション超大作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』がいよいよ5月4日より公開となりました!

これまでアイアンマンとスパイダーマン、キャプテン・アメリカとファルコンなど、数多くの名コンビを生み出してきたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)。監督のサム・ライミによって、今後のMCUにおいても重要な本作から、<上から目線の最強魔術師>ストレンジと<アベンジャーズ最強の魔女>ワンダ・マキシモフという新たな“最強魔術”が誕生することが語られ、無限の可能性を秘めた2人の活躍に期待が高まっています。

これまで数々の名コンビを生み出してきたMCU の中で、今もなおファンから絶大な人気を誇るのが、アイアンマンとスパイダーマンの2人。スパイダーマン=ピーター・パーカーの憧れの存在であるアイアンマン=トニー・スタークは、ピーターの成長を導きながら、自身も真のヒーローとして成熟。2人の師弟関係を超えた絆は多くの観客の心を動かしました。

一方で、本作でストレンジは、「ノー・ウェイ・ホーム」で禁断の魔術によって、“マルチバース”と呼ばれる無数のパラレルワールドへ通じる扉を開けてしまった後、世界を元に戻すため奮闘することに。時間・空間・場所を問わず、様々な脅威が人類を襲う中、世界を守るためストレンジが新たにタッグを組むのは、アベンジャーズで第一線のヒーローとして活躍したスカーレット・ウィッチことワンダ。

監督のサム・ライミは「ストレンジは、ワンダに助けを求めて会いに来る。だから映画は、チームを組むところから始まるんだ。ユニークなのは、彼女は多分、マーベル・ユニバース全体の中で、もっともパワフルな魔術使いということなんだよ。ドクター・ストレンジよりもさらにパワフルなんだ」と、ワンダの最強パワーについて語ります。

実際に本作の予告編では、「ワンダ、マルチバースに詳しいか?」と助けを求めるストレンジに、「私が聞いたのは、危険すぎるということ」とワンダが答える姿が描かれるとともに、2人が様々な脅威に魔術で立ち向かう姿が映し出されており、2人の活躍に期待が高まっています。

さらに、サム・ライミは「ワンダのキャラクターに観客が期待していることを、理にかなうように進展させるために、ワンダがどういう人かを踏まえながら、彼女の成長の次の段階を脚本家と一緒に考えたんだ。ストレンジも同じで、彼の成長のために葛藤を与えているんだ」と語っており、アイアンマンとスパイダーマンのように、お互いの存在をきっかけに成長や変化がみられる関係となることを期待させます。

また、予告編では “マルチバース”を舞台に、邪悪な“もう一人のストレンジ”や“ワンダ”が映し出されているなど、全く予測ができない展開が待ち受けている本作。すべての不可能が可能になる“マルチバース”を舞台に、2人のどのような物語が描かれていくのか。ぜひ大きなスクリーンで!

(C)Marvel Studios 2022

関連記事(外部サイト)