『シン・ウルトラマン』動員200万人&興収30億円突破!“あの名刺”が作れる!「メフィラス構文ポストカード」入プレ配布決定「千客万来。私の好きな言葉です。」

企画・脚本:庵野秀明氏、監督:樋口真嗣氏のタッグで贈る映画『シン・ウルトラマン』が観客動員数200万人、興行収入:30億円を突破したことを記念し、入場者プレゼントの実施が決定! 山本耕史さんが演じる「外星人・メフィラス」の名場面映像も公開されました!

昭和41年(1966 年)の放送開始以来、海外でも100を超える地域で放送され、今なお根強い人気を誇る日本を代表するキャラクター“ウルトラマン”が『シン・ウルトラマン』として映画化。本作の企画・脚本をつとめるのは、自身もウルトラマンシリーズのファンであることを公言する庵野秀明氏。そして、監督は、数々の傑作を庵野氏と共に世に送り出してきた樋口真嗣氏。この製作陣の元に、超豪華な俳優陣が集結。「ウルトラマン」の企画・発想の原点に立ち還りながら、現代日本を舞台に未だ誰も見たことのない“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描く、感動と興奮のエンターテイメント作品です。

観客動員:200万人、興行収入:30億円を突破!

5月13日(金)に全国401館(IMAX39 館含む)にて公開し、公開初日から6月5日(日)までの24日間で観客動員:214万人、興行収入31.8億円のウルトラ大ヒットを記録し、日本中の映画館を席巻中!

そしてこの度、200万人突破の御礼企画として、入場者プレゼントの実施が決定! 「“あの名刺”が作れる! メフィラス構文ポストカード」を配布します!

劇中で異様な存在感を放っている、山本耕史さんが演じる「外星人・メフィラス」。メフィラスの発する「私の好きな言葉です」などの独特の言い回しはファンによって「メフィラス構文」と名付けられ、SNSを中心に話題沸騰中です。まるで人間のような、紳士的に名刺を渡すシーンも大きな話題になっており、「あのメフィラスの名刺が欲しい!」と非常に多くの声も上がっています。

そんな熱烈な要望にお応えし、その「名刺」が作れる特別なポストカードが入場者プレゼントとして配布されることが決定しました! ポストカードには全3種の「メフィラス構文」が記載されており、そのうち1種をランダムで手にすることができます。入場者プレゼントは6月10日(金)より、全国合計50万枚限定で配布します。

入場者プレゼント
“あの名刺”が作れる!メフィラス構文ポストカード
配布期間: 6 月 10 日(金)~ 全国合計 50 万枚限定
※劇場により数に限りがありますので、プレゼント終了の際はご了承ください
※詳細は公式ホームページにてご確認ください
※全 3 種のうち 1 種をランダムで配布いたします

また、同じく6月10日(金)より、MX4D、4DX、DOLBY CINEMAでの上映も開始します! 最新映像技術を駆使した、よりダイナミックな映像と大迫力のサウンドで「シン・ウルトラマン」の世界に没入していただけます。

さらに、メフィラスの登場シーンに集めた、まさかの「メフィラス名場面映像」も公開!! 先に記述した名刺を渡す場面や、ブランコに乗りながら神永に語り掛ける場面、居酒屋の場面など、印象的なシーンの映像が散りばめられ、さらには外星人としての“本来の姿”でウルトラマンと戦うシーンも挿入されており、メフィラスファンにはたまらない特別映像となっています!


・映画『シン・ウルトラマン』メフィラス名場面映像【大ヒット上映中】
https://youtu.be/MXSEWBZypt8

関連記事:
『シン・ウルトラマン』<防災庁公認 防災セット>発売!防災庁オリジナルパッケージで災害時に役立つアイテム20点
https://getnews.jp/archives/3288459

『シン・ウルトラマン』公開8日で動員100万人突破のウルトラ大ヒット!「禍特対」PV公開に反響「禍特対メンバーの活躍がもっと見たい!」「日本映画史に残る名作の誕生」
https://getnews.jp/archives/3281995

『シン・ウルトラマン』本編冒頭映像公開!庵野秀明厳選エピソード特別上映&伝説の短編アニメ『ザ・ウルトラマン』公開も決定
https://getnews.jp/archives/3284598

『シン・ウルトラマン』作品概要

<ストーリー>
次々と巨大不明生物【禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本。
通常兵器は全く役に立たず、限界を迎える日本政府は、禍威獣対策のスペシャリストを集結し、【禍威獣特設対策室】通称【禍特対(カトクタイ)】を設立。
班長・田村君男(西島秀俊)、作戦立案担当官・神永新二(斎藤工)、非粒子物理学者・滝 明久(有岡大貴)、汎用生物学者・船縁由美(早見あかり)が選ばれ、任務に当たっていた。
禍威獣の危機がせまる中、大気圏外から突如あらわれた銀色の巨人。
禍特対には、巨人対策のために分析官・浅見弘子(長澤まさみ)が新たに配属され、神永とバディを組むことに。
浅見による報告書に書かれていたのは・・・【ウルトラマン(仮称)、正体不明】。

■出演:斎藤 工 長澤まさみ 有岡大貴 早見あかり 田中哲司 / 西島秀俊
    山本耕史 岩松 了 嶋田久作 益岡 徹 長塚圭史 山崎 一 和田聰宏
■企画・脚本:庵野秀明
■監督:樋口真嗣
■音楽:宮内國郎 鷺巣詩郎
■主題歌:「M八七」米津玄師
■製作:円谷プロダクション 東宝 カラー
■制作プロダクション:TOHOスタジオ シネバザール
■配給:東宝
■公開:全国公開中
(C)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ
■公式サイト:shin-ultraman.jp
■公式Twitter:@shin_ultraman

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?