朝マックをオーストラリアに持ち込もうとした乗客に約25万円の罰金 「恐ろしい値段の朝食だな」「温かいうちに食べちゃえばよかったのに」

インドネシアのバリ島からオーストラリアのダーウィン国際空港に到着した乗客が「朝マック」を持ち込もうとして、2664オーストラリアドル(約25万円)の罰金が科せられたことが判明しました。

https://twitter.com/CNN/status/1554316089907200000

この乗客が未申告でオーストラリアに持ち込もうとしたのは、マクドナルドの「朝マック」メニューのビーフソーセージエッグマフィン2個とハム・クロワッサン1個。同空港の探知犬が発見したということです。

固有の動植物保護や環境維持及び害虫や病原体の侵入から農業を守るため、オーストラリアは厳しい検疫措置を実施しています。

インドネシアで口蹄疫(家畜の伝染病)が流行していることから、同国からの輸入畜産物に対する検疫体制がオーストラリア全土で強化されていた最中での出来事でした。

SNSには次のような声が集まっています。

・これってフェイクニュースじゃないの? ・少し前にサブウェイのサンドウィッチを持ち込んだ女性も同じ位の罰金だったな ・いろんな意味でまだ海外旅行に行くタイミングではない ・高額すぎる朝マック ・オーストラリアにもマクドナルドあるじゃん ・温かいうちに食べちゃえばよかったのに ・冷めたソーセージマフィンとか食えたもんじゃない ・50セントのゲームも発売禁止にした国だからね ・オーストラリアはエコシステムにうるさいよ ・罰金は妥当だと思う ・どういうこと? ・恐ろしい値段の朝食だな ・本当の話なのね ・インドネシア限定のメニューだったとか?

Photo by Erik Mclean on Unsplash

※ソース: https://edition.cnn.com/travel/article/passenger-fined-after-undeclared-mcmuffins-found-in-luggage/index.html https://www.usatoday.com/story/money/2022/08/01/passenger-fined-dog-mcmuffins-luggage-australia/10201783002/

(執筆者: 6PAC)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?