“バッド・ジーニアス”バズ監督最新作『プアン/友だちと呼ばせて』プロデュースを務めたウォン・カーウァイに学んだこと

サンダンス映画祭で絶賛された『プアン/友だちと呼ばせて』が、8 月 5 日(金)より全国順次公開となります。

余命宣告を受けた青年が親友に頼み、元恋人たちを巡る旅に出るノスタルジーが胸を締め付ける青春物語。アジア各国でタイ映画史上歴代興収 1 位を奪取、世界中からリメイク権を熱望され、日本でも大ヒットを記録した『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のバズ・プーンピリヤ監督が手がけ、彼の才能に心底惚れた、『花様年華』『恋する惑星』の巨匠ウォン・カーウァイが自らプロデュースします。

バズ・プーンピリヤ監督にお話を伺いました!

――本作大変楽しく拝見させていただきました。「元恋人たちを巡る旅」という設定はどんな所から生まれましたか?

プロデュースを手がけたウォン・カーウァイさんと、「僕自身の(バズ・プーンピリヤ監督の)心に素直な作品を作ろう」というお話をしました。今まで色々な恋愛があったのだけど、きちんと終わらせられていなかったものもある。それらにきちんと終止符を打つ作品を作ろうと思って脚本を書いたんだ。

――ウォン・カーウァイさんというのは、映画に携わる者として、とても大きな存在だと思うのですが、ご一緒に仕事をしていかがでしたか?

ウォン・カーウァイさんはとても伝説的な映画監督で、僕も特に10代の頃、とても大きな影響を受けたんですね。彼と一緒に仕事が出来て、夢が一つ叶いました。学んだことはたくさんありますが、特に印象に残っているのは「何の為に映画を作るか」ということです。これまでは、観客を意識して映画を作ることが多かったのですが、観客のことを考えることはもちろん大事ですが、一番は「自分にとって何が大切なのか、自分が何を伝えたいか」を考えるということを教わりました。

――「パーソナルな映画だからこそ、多くの人の心に届く」という事を監督はおっしゃっていますね。

ありがたい事に世界中から色々な反応をもらえたよ。観客からも映画監督からも感想をもらった。興味深かったのが、アメリカやヨーロッパは前半のストーリーに反応する人が多くて、タイなどのアジアの国では後半への反応が多かった。日本でもどんな反響があるのかとても楽しみだよ。

――主演のトー・タナポップさんと、アイス・ナッタラットさんの演技も素晴らしかったです。

2人を決めるのはすごく簡単で、すぐに決まったんだ。僕もウォン・カーウァイさんも意見が一致したんだよ。2人はタイではすごく有名で多忙な方なのですが、この作品に人生を捧げてくれた。バーテンダーのボスを演じた、トーは実際にカクテル作りの練習をしてくれた。アイスもとてもチャレンジグな役柄であったと思うのですが、すごく頑張ってくれた。

――バーのシーンはとても印象的で、カクテルもとても美味しそうでした!

僕自身もバンコクでバーをやっていたこともあって、バーというのは人生の一部なんだ。だから、実際にみんなにカクテルを作ってほしいとお願いしたので、こだわりのシーンの一つだよ。

――とても美しい映像の中で、自然に物語が展開していく様に感じました。演出でこだわった部分を教えてください。

今回の映画は俳優たちの力に全てかかっていた。即興を積極的に取り入れようと思い、俳優たちにも「セリフはあるけれど忘れてしまっていい、その時自分が感じたことを、その気持ちを言ってほしい」と伝えた。ほぼ即興で演技をしてもらっていて、それは俳優にとってはとても大変だと思うんだよね。実際の撮影、完成したものは素晴らしいものになったので感謝しています。

――今日は素敵なお話をどうもありがとうございました!

【ストーリー】NYでバーを経営するボスのもとに、タイで暮らすウードから数年ぶりに電話が入る。白血病で余命宣告を受けたので、最期の頼みを聞いてほしいというのだ。タイに駆けつけたボスが頼まれたのは、元恋人たちを訪ねる旅の運転手。カーステレオから流れる思い出の曲が、二人がまだ親友だった頃の記憶を呼びさます。忘れられなかった恋への心残りに決着をつけたウードを、ボスがオリジナルカクテルで祝い、旅を仕上げるはずだった。だが、ウードがボスの過去も未来も書き換える〈ある秘密〉を打ち明ける──。

監督:バズ・プーンピリヤ『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』 製作総指揮:ウォン・カーウァイ『花様年華』『恋する惑星』脚本:バズ・プーンピリヤ、ノタポン・ブンプラコープ、ブァンソイ・アックソーンサワーン出演:トー・タナポップ アイス・ナッタラット プローイ・ホーワン ヌン・シラパン ヴィオーレット・ウォーティア AND オークベープ・チュティモン原題:One For The Road/タイ/2021 年/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル/129 分/字幕翻訳:アンゼたかし/監修:高杉美和配給:ギャガ ?2021 Jet Tone Contents Inc. All Rights Reserved.

関連記事(外部サイト)