海洋プラスチックごみを皮肉ったツイートが話題

海洋プラスチックごみ問題に対する関心が国際的に高まる中、同問題を皮肉ったツイートが話題となっています。

https://twitter.com/Deecarr_/status/1131363188937674752
魚を購入したお客さんと、魚屋の女性店主の会話仕立てにした画像付きのこちらのツイートが話題の中心です。お客さんが「プラスチックの袋もらえます?」と聞くと、「(魚の)中に入ってますから」と答える女性店主のセリフが付け加えられています。海洋プラスチックごみを餌と間違えて飲み込んでしまった魚を売買する時代が来ていることを揶揄しています。

このツイートをジョークと取る人も多いのですが、一方で「人類に希望ってあるのかな?」、「プラスチックごみを食べた魚を人間が食べる。人間は海、動物、そして人間自身を毒殺しようとしている」、「経済システムが地球全体を無茶苦茶にしてるんだよ」、「笑えないな」、「悲しいけど現実」、「人類は目を覚ますべき」と、この問題を憂慮する声も多く挙がっています。

日本も魚介類の消費量が多い国なので、海洋プラスチックごみ問題は決して対岸の火事ではありません。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/Deecarr_/status/1131363188937674752

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』