れいわ新選組・渡辺てる子氏の「のり弁のちくわが半分に。消費税増税の悪影響です」ツイートをほっともっと公式が否定

12月1日夜、ある『Twitter』ユーザーが、

生活が苦しくて、外出先では「ほっともっと」の「のり弁」(税込300円)を買って、公園のベンチで食べることがある俺。
しかし!
きのう買ったら、チクワが半分に切られてるではないか!(怒
これ、10月の消費増税(&価格据え置き)が影響してるのか?チクワ天が好きだったから悔しい…(泣

と写真つきのツイートを行った。7月の参院選でれいわ新選組公認候補者だった渡辺てる子氏は、翌2日朝にそれを引用し

のり弁のちくわが半分に。消費税増税の悪影響です

とツイートを行い拡散される。
3日、他のユーザーが「ほっともっと」の公式アカウントに渡辺氏のツイートについて問い合わせたところ、

お問い合わせありがとうございます。 消費税増税に合わせてちくわの大きさを変更した事実はございません。

という返答がなされていた。
4日、冒頭のユーザーは

謎が解けたよ。
俺が食べてたのは「Bigのり弁」で、これは前からチクワ一本。これを食べてた時の印象が残ってたようだ。
で、ノーマルのり弁は前からチクワ半分のままだったのこと。
勘違い、すみませんでした。
これからもほっともっとにはお世話になるよ。

とツイート、渡辺氏はそれを引用し

私も勘違いすみませんでした。私も、今後、このお弁当にお世話になります。

とツイートを行った。
これら一連の流れに、そもそも「のり弁」が300円で「BIGのり弁」は520円なのに、「生活が苦しい」と言いながら間違えるのがおかしい、といったような指摘などが相次いでいたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』